靖国丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
靖国丸
YasukuniMaru-1930.jpg
ロンドンに到着した靖国丸(1930年)
基本情報
船種 貨客船
クラス 照国丸型貨客船
船籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
所有者 NYK Line house flag.svg 日本郵船
運用者 Flag of Japan.svg 日本郵船
 大日本帝国海軍
建造所 三菱造船長崎造船所
母港 横浜港/神奈川県
姉妹船 照国丸
航行区域 遠洋
信号符字 JRZB
IMO番号 36223(※船舶番号)
建造期間 496日
就航期間 4879日
経歴
起工 1929年4月22日
進水 1930年2月15日
竣工 1930年8月31日
就航 1930年9月22日
処女航海 1930年9月22日
除籍 1944年3月10日
最後 1944年1月31日戦没
要目
総トン数 11,933トン
全長 153.92m
型幅 19.5m
型深さ 11.28m
機関方式 三菱ズルツァーディーゼル機関2基
推進器 2軸
最大速力 18ノット
航海速力 15ノット
旅客定員 一等:121名
二等:68名
三等:60名
乗組員 177名
テンプレートを表示

靖国丸(やすくにまる、靖國丸)は、かつて日本郵船が運行していた遠洋定期船長崎にある三菱造船によって1930年に竣工した。船名は靖国神社[1]に由来する。

建造背景[編集]

靖国丸と姉妹船の照国丸は、日本郵船の高速欧洲航路のための貨客船として建造され、1930年の秋から就航した[2]。両船ともインド洋スエズ運河地中海を経由するため、熱帯向けに最先端の空調と空気循環システムを備えていた[3]。両船は当初、巡航速度18ノット蒸気タービンエンジン用に設計されていたが、日本政府が国産技術のみを使用するように圧力をかけ、三菱・スルザーディーゼル機関2基を使用するように仕様変更がされた。これにより巡航速度は15ノットまで低下した[4]

11,933tの鋼鉄船体は全長160.5m、全幅20m。一門の煙突、2本のマスト、及び2基のスクリューが設置された。靖国丸は121名の一等船客および68名の二等船客用の宿泊施設、そして最大60名収容可能な三等船室を備え、177名の船員によって運行されていた[5]

民間の経歴[編集]

靖国丸は1930年9月22日にロンドンを目指して横浜港を出発し、四日市大阪神戸門司上海香港シンガポールペナンコロンボアデンスエズポートサイドマルセイユジブラルタルに寄港した。横浜に戻る際は、マルセイユではなくナポリに寄港し、1930年10月18日に横浜に帰港した。その後も同じ航路で運航された[4]

靖国丸 - 日本郵船の葉書(1930年代)

1933年6月23日、 靖国丸は香港近郊で沈没したジャンク船から5人の乗組員を救助した[4]

1934年4月5日、靖国丸はエジプトポートサイドにおいて、日本海軍巡洋艦浅間からの遭難の呼びかけに応え、虫垂炎患者を含む病人を運送した。

1935年3月12日、ロンドンに寄港した際、靖国丸の金庫から75ポンドの銀の延べ棒が盗難にあう事件が起こった[4]

1936年ベルリンオリンピック終了後、日本のオリンピック代表団帰国の際に使用された[4]

1937年11月16日、 靖国丸は欧州航路では船舶電話を備えた初の船舶となった[4]

1938年10月2日、防共協定調印1周年を記念し、宝塚歌劇団から計30名の選抜メンバーと衣裳係、道具係、関係者ら合計56名の『訪独伊芸術使節団』を神戸港第四突堤からナポリへ運んだ[6]

第二次世界大戦が勃発すると、外務省の要請により1939年9月から10月にかけて、ドイツから240人の日本国籍の民間人と外交関係者、そして一部のドイツ国民の避難を行った。靖国丸は10月18日に横浜に戻り、10月25日から12月11日に日本軍から輸送船として徴用され、日中戦争間に軍隊と戦争資材輸送任務に就いたが、戦況が安定してくると徴用を解かれて日本郵船に戻った。

英国沖合での照国丸沈没後、欧州航路は危険視され、靖国丸は神戸からホノルルヒロサンフランシスコおよびロサンゼルスを経由する南米航路の就航に変更された[4]

1940年8月8日、靖国丸はコロンビアで雇われていたドイツ人パイロット30人をドイツへ帰国させる際に使用された[4]

海軍徴用船[編集]

戦艦長門の背後に映る靖国丸 (1941年)

1940年10月29日、靖国丸は再び海軍に徴用され、特設潜水母艦に分類された。呉海軍工廠に収容された後、贅沢な内装は取り外され、グレーに再塗装された。1941年1月11日、靖国丸は第六艦隊第1潜水戦隊に配属された。6基の50口径四十一式15cm砲と、単装および6つの重連のホ式十三粍高射機関砲、1つの1110mmおよび1つの900mmサーチライトを装備した。1941年の残りのほとんどの間、靖国丸は台湾高雄を拠点に琉球諸島と中国の沿岸を巡回していた。真珠湾攻撃の時点ではクェゼリン環礁を拠点としていたが、12月20日には第六艦隊の第3潜水戦隊に配属された[7]

クェゼリン環礁は1942年2月1日に米空母エンタープライズから飛び立った8個飛行隊から攻撃を受け、靖国丸は後部砲塔に被弾、船尾を損傷したため、3月1日から4月23日まで呉で修繕を受けた。修理と定期点検のために11月23日再び呉に帰港した[7]

1943年初頭、靖国丸はニューギニア兵力を強化する「C作戦」に従事。1月8日、駆逐艦初雪を携えた靖国丸は箱崎丸、新玉丸英語版と共に第20師団の兵員1448人と戦車11輌を載せてウェワクへ向けて釜山を出発し、ラバウルとウェワクの増援に成功した。1943年2月4日、靖国丸は青島第41師団と補給物資を載せ、2月末にウェワクで師団と物資を下した後、3月上旬呉に帰港した。4月にトラック諸島に本拠を置き、5月には別の部隊をバリクパパンに輸送した。10月には生き残った兵員をウェワクからパラオまで載せ、1943年12月下旬に日本に帰港した[7]

1944年1月24日、靖国丸はトラック諸島にむけて館山を出発した。1月31日、船団はトラック諸島の北西約27kmの地点( 北緯09度15分 東経147度13分 / 北緯9.250度 東経147.217度 / 9.250; 147.217)において米潜水艦トリガー (SS-237)の攻撃を受け、靖国丸には2つの魚雷が命中した。被弾した靖国丸は急速な浸水で5分もたたぬ間に沈没した。300人の乗組員と888人の技術者が犠牲となった。護衛についていた駆逐艦白露は43人の生存者しか救助出来なかった。1944年3月10日、靖国丸は海軍の船籍から除籍された[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・ポンソンビー=フェイン(1935)日本郵船船舶命名法、 p。 50。
  2. ^ [1]
  3. ^ Arthur de Carle Sowerby、 John Calvin Ferguson 、 中国芸術科学会中国ジャーナル 、第13巻。
  4. ^ a b c d e f g h 靖国丸1930-1944
  5. ^ Kawata, T.Glimpses of East Asia (1936) Nihon Yūsen Kabushiki Kaisha, page 20
  6. ^ National Diet Library newsletter, No.205, April 2016
  7. ^ a b c Nevitt (1997年). “Yasukuni Maru: Tabular Record of Movement”. Combinedfleet.com. 2019年7月20日閲覧。
  8. ^ Brown. Warship Losses of World War II

脚注[編集]

  • リチャード・ポンソンビー=フェイン 、Richard Arthur Brabazon。 (1935) 日本郵船船舶命名法 東京:日本郵船株式会社 OCLC 27933596
  • Brown, David (1990). Warship Losses of World War Two. ISBN 1-55750-914-X. 
  • Heal, Syd (2003). Ugly ducklings: Japan's WWII liberty type standard ship. Naval Institute Press. ISBN 1-59114-888-X. 
  • Watts, Anthony J (1967). Japanese Warships of World War II. Doubleday. ASIN B000KEV3J8. 
  • Williams, David (1997). Wartime Passenger Ship Disasters. Haynes Publishing. ISBN 1-85260-565-0.