静かなる復讐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静かなる復讐
Tarde para la ira
監督 ラウール・アレバロ
脚本 ラウール・アレバロ
ダビド・プリード
製作 ベアトリス・ボデガス
出演者 アントニオ・デ・ラ・トーレ
音楽 ルシオ・ゴドイ
撮影 アルナウ・バルス・コロメル
製作会社 ラ・カニカ・フィルムズ
テレビシオン・エスパニョーラ
配給 日本の旗 クロックワークス
公開 2016年9月2日 ヴェネツィア
2016年9月9日 スペインの旗 スペイン
2017年8月4日 日本の旗 日本
上映時間 92分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
テンプレートを表示

静かなる復讐』(スペイン語: Tarde para la ira)は、2016年にスペインで製作されたスリラー映画ラウール・アレバロの初監督作品である[1]

公開[編集]

2016年9月2日に第73回ヴェネツィア国際映画祭のオリゾンティ部門でプレミア上映された。2016年のトロント国際映画祭のディスカバリー部門でも上映されている[2]。日本では2017年8月に「カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2017」の一環としてシネマカリテで公開され、その後Cinema KOBEでも公開された。劇場公開に先駆けて、ネットフリックスでは『物静かな男の復讐』という邦題で放送されている。

評価[編集]

2017年1月の第4回フェロス賞では7部門にノミネートされ、ドラマ作品賞・監督賞(ラウール・アレバロ)・脚本賞(ラウール・アレバロ&ダビド・プリード)・助演男優賞(マノロ・ソロ)・助演女優賞(ルース・ディアス)の5部門で受賞した。2月の第31回ゴヤ賞では11部門にノミネートされ、作品賞・脚本賞(ラウール・アレバロ&ダビド・プリード)・新人監督賞(ラウール・アレバロ)・助演男優賞(マノロ・ソロ)の4部門で受賞した[3]

出演者[編集]

受賞とノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果
第4回フェロス賞[4][5] ドラマ作品賞 受賞
監督賞 ラウール・アレバロ 受賞
脚本賞 ラウール・アレバロ
ダビド・プリード
受賞
主演男優賞 アントニオ・デ・ラ・トーレ ノミネート
助演男優賞 マノロ・ソロ英語版 受賞
助演女優賞 ルース・ディアススペイン語版 受賞
ポスター賞 ノミネート
第31回ゴヤ賞[6] 作品賞 受賞
主演男優賞 アントニオ・デ・ラ・トーレ ノミネート
助演男優賞 マノロ・ソロ英語版 受賞
新人男優賞 ラウール・ヒメネス ノミネート
新人女優賞 ルース・ディアススペイン語版 ノミネート
脚本賞 ラウール・アレバロ
ダビド・プリード
受賞
新人監督賞 ラウール・アレバロ 受賞
撮影賞 アルナウ・バルス・コロメル ノミネート
編集賞 アンヘル・エルナンデス・ソイド ノミネート
音響賞 ダニエル・デ・サジャス
セサル・モリーナ
ホセ・アントニオ・マノベル
ノミネート
衣装デザイン賞 アルベルト・バルカルセル
クリスティーナ・ロドリゲス
ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ 'The Fury of a Patient Man' ('Tarde Para la Ira'): Venice Review”. The Hollywood Reporter (2016年9月5日). 2016年9月5日閲覧。
  2. ^ The Fury of a Patient Man”. TIFF (2016年9月5日). 2016年9月5日閲覧。
  3. ^ Rolfe, Pamela (2017年2月5日). “Goya Awards: 'Fury of a Patient Man' Takes Top Prize as 'A Monster Calls' Nearly Sweeps With 9 Prizes”. The Hollywood Reporter. 2017年2月4日閲覧。
  4. ^ 'El hombre de las mil caras lidera los Feroz” (Spanish) (2016年12月1日). 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ La lista completa de ganadores de los premios Feroz 2017” (Spanish). El Huffinton Post (2017年1月23日). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ Juan Antonio Bayona's 'A Monster Calls' Leads Goya Award Nominations”. The Hollywood Reporter (2016年12月14日). 2017年1月25日閲覧。