静岡伊勢丹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
伊勢丹 > 静岡伊勢丹
株式会社静岡伊勢丹
Shizuoka Isetan.jpg
静岡伊勢丹(2019年10月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
420-0031
静岡市葵区呉服町一丁目7番地[1]
北緯34度58分29.6秒 東経138度22分52秒 / 北緯34.974889度 東経138.38111度 / 34.974889; 138.38111座標: 北緯34度58分29.6秒 東経138度22分52秒 / 北緯34.974889度 東経138.38111度 / 34.974889; 138.38111
設立 1948年昭和23年)6月10日[1]
業種 小売業
法人番号 6080001002627 ウィキデータを編集
事業内容 百貨店業[1]
代表者 田中 清
資本金 300万円[1]

16億円[1]

1億円
売上高 19,040百万円(2019年3月期)
営業利益 140百万円(2019年3月期)
純利益 79百万円(2019年3月期)
決算期 3月
主要株主 (株)三越伊勢丹HD 100%
(2010年10月1日時点)
外部リンク www.isetan.mistore.jp/shizuoka.html
テンプレートを表示

株式会社静岡伊勢丹(しずおかいせたん)は、静岡市葵区呉服町一丁目にある、三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹HD)傘下の百貨店運営企業。

概要[編集]

1871年(明治4年)9月に呉服店の田中屋として創業、1948年(昭和23年)6月に(株)田中屋に改組する。1971年(昭和46年)11月に伊勢丹と業務提携を結び、「田中屋伊勢丹」「静岡伊勢丹」を経て2005年に伊勢丹の完全子会社、2009年に三越伊勢丹ホールディングスの完全子会社となり現在に至る。売場面積 22,968m2

2012年度以来、7年連続で増益を達成した。

沿革[編集]

  • 1871年明治4年)9月 - 人宿町に足袋製造販売田中屋創業
  • 1873年(明治6年) - 旧呉服町二丁目に移転
  • 1931年昭和6年)12月8日 - 田中屋百貨店(洋風4階、述床面積1,000坪)開業
  • 1932年(昭和7年)12月2日 - 田中屋百貨店仕入部階上の店員宿舎から出火、宿舎及び本館、近隣店舗4店を全焼[2]
  • 1933年(昭和8年)12月 - 再建し営業再開
  • 1940年(昭和15年)1月15日 - 静岡大火で焼失、後に再建
  • 1945年(昭和20年) -静岡空襲で焼失、後に再建
  • 1948年(昭和23年)6月10日 - 資本金300万円で株式会社田中屋に改組[1]
  • 1962年(昭和37年)5月 十一店会(後のADO)に加盟。[3]
  • 1965年(昭和40年)9月 - 富士市に富士店を開設(現コリドー・フジ)
  • 1971年(昭和46年)9月11日 伊勢丹との商品提携強化により、リモデルオープン。伊勢丹より社員派遣も行われた。[3]
  • 1971年(昭和46年)11月28日 - 伊勢丹と業務提携を結ぶ[3]
  • 1971年(昭和46年)12月  資本金6000万円から1億円に増資。[3]
  • 1972年(昭和47年)3月1日 - 田中屋と伊勢丹とが資本提携、株式会社田中屋伊勢丹に社名を変更[1]同時にリモデルオープン。同時に紙袋・包装紙も伊勢丹のデザインと同一のものに変更。[3]
  • 1975年(昭和50年) - 伊勢丹から山中鏆を受け入れ再建に取り組む。山中は、当時売り場面積が松坂屋静岡店、西武静岡店の半分以下の9,000m2しかなかったため、隣接地を買収して増床する方針を打ち出した。
  • 1975年12月13日 旧店舗の隣接地に平屋建て約1500㎡の仮設店舗「オレンジシティ」オープン。婦人衣料中心だった。[3]
  • 1977年(昭和52年)10月2日 - 現店舗オープン[4]。売場面積22968㎡。[3]
  • 1980年(昭和55年)春 現店舗開店以来初の全館リモデル実施。[3]
  • 1980年(昭和55年)12月8日 資本金を8億円から16億円に増資。伊勢丹の子会社になる。[3]
  • 1981年(昭和56年)3月 - 社名を静岡伊勢丹に変更[1]
  • 1984年(昭和59年)9月20日 現店舗開店以来2度目の全館リモデル実施。[3]
  • 1988年(昭和63年)3月 - 藤枝市に静岡伊勢丹藤枝店開設
  • 1990年平成2年)4月11日 - コリドー・フジ現店舗開店
  • 2005年(平成17年)
    • 4月1日 - 株式会社伊勢丹の完全子会社となる
    • 9月 - 静岡伊勢丹藤枝店閉店
  • 2009年(平成21年) - 静岡伊勢丹コリドー5開店[5]
  • 2011年(平成23年) - ミライエ呉服町1階に伊勢丹ギャラリー2オープン
  • 2014年(平成2+年)
  • 2015年(平成27年)
  • 2018年(平成30年)
    • エムアイプラザ富士川、エムアイプラザ清水を閉店
    • 5月7日 静岡市と連携し、7階の子供服売り場を縮小し、「ウェルネスパーク静岡」オープン。
  • 2020年(令和2年)2月24日 アネックス静岡伊勢丹閉館。

フロア構成と主なテナント[編集]

静岡伊勢丹[編集]

  • 地下1階 食料品
  • 1階 婦人服飾雑貨、化粧品、アクセサリー、婦人靴、
  • 2階 ヤングの婦人服、ハンドバッグ
  • 3階 婦人服・婦人肌着・ナイトウェア、小さいサイズの婦人服、婦人フォーマルウェア
  • 4階 ミセスの婦人服、オーキッドプラザ、エレガンスプラザ、大きいサイズの婦人服、メガネサロン
  • 5階 紳士服・洋品、大きいサイズのスーパーメンズ、トラベルバッグ
  • 6階 リビング、宝飾・時計、呉服、ギフトサロン・商品券
  • 7階 ベビー子供服・用品、玩具、スクールユニフォーム、ウェルネスパーク
  • 8階 レストランシティ、大催事場
  • R階 屋上グリーン広場
アネックス静岡伊勢丹

スルガ銀行とコラボレーションした新業態 2020年(令和2年)2月24日をもってB1階から2階の営業を終了した。[6]

  • B1階 Beauty & Healthy
  • 1階 High Quality Foods
  • 2階 Beauty & Memory
  • 3階 d-labo(スルガ銀行)
コリドー1
コリドー2
コリドー3
コリドー4
コリドー5
  • 1階 カバン・ド・ズッカ、ズッカ、伊勢丹ギャラリー1
  • 2階 ティア・アヴェダ、ネイルズユニークアルティミッド
コリドー6(呉服町タワー1階)
ミライエ呉服町
  • 1階 伊勢丹ギャラリー2

中小型店舗[編集]

ギフトショップ コリドー・フジ
所在地 :富士市蓼原町1741  
店舗面積688m2 2階建て  
化粧品、婦人雑貨、婦人服、紳士雑貨、インティメイト、家庭用品、寝具、ギフトサロン、食料品
エムアイプラザ富士川
所在地 :富士市岩淵字北吉野1500番地 東名高速道路「EXPASA富士川」(上り)内
店舗面積約40m2

※2018年2月に閉店

エムアイプラザ清水
所在地 :静岡市清水区小河内885-15 新東名高速道路「NEOPASA清水」(上下線集約)内
店舗面積約120m2

※2018年3月に閉店

エムアイプラザ藤枝
所在地 :藤枝市前島1-3-1 オーレ藤枝B街区1階
店舗面積約120m2

近隣商店街との関係[編集]

静岡伊勢丹は呉服町名店街、七間町名店街と協調して共同広告(1995年3月 - )や、花々祭(毎年3月)、夜店市(毎年8月)などのイベント等、共同でまちづくりを行っているほか、I Loveしずおか協議会に正会員として加盟し、おまちの活性化に取り組んでいる。

その他[編集]

  • 静岡伊勢丹1階に実用衣料ショップ「とらや」があるが、これは静岡伊勢丹の売り場ではない(外部テナントとしての出店)ため、「とらや」での買い物については各種サービス対象外となる。
  • かつて、現店舗1階の呉服町通りに面した一角にここの区分所有権者がファストフード店「ロッテリア」を出店していたことがある。首都圏の三越店舗(銀座新宿横浜など)1階に出店していた「マクドナルド」と同様の形式であったが、静岡伊勢丹の売り場ではなかった。現在は撤退し静岡伊勢丹の売り場となっている。
  • 1977年の現店舗開店時(当時の店名は「田中屋伊勢丹」)には、大々的にキャンペーンが行われ、大橋純子が歌うイメージソング「フラワー・ブロッサム・ストリート」が、県内のテレビ・ラジオや店内で盛んに流された。
  • 伊勢丹店舗で唯一店内放送のチャイムがオリジナルジングルでない。(岩田屋本店は伊勢丹と共通)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (1990-11-24), pp. 34 
  2. ^ 田中屋火事(七間町名店街ホームページ内)
  3. ^ a b c d e f g h i j 伊勢丹百年史. 株式会社伊勢丹. (1990年3月4日) 
  4. ^ 静岡パルコ出店まで1週間・百貨店が相次ぎ対抗策 日経新聞2007年3月8日
  5. ^ 「コリドー5」来月開店 静岡伊勢丹 静岡新聞2008年12月19日付
  6. ^ 【ご案内】アネックス静岡伊勢丹営業終了のお知らせ”. 株式会社静岡伊勢丹. 2020年6月28日閲覧。