静岡大火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

静岡大火(しずおかたいか)は、1940年(昭和15年)1月15日静岡市(現在の静岡市葵区駿河区)で発生した火災である。

概要[編集]

最初の火災[編集]

1940年1月15日12時08分ごろ、静岡市(現・葵区)新富町一丁目28番地の大工方の住宅で、妻が昼食の支度のため、仕事で出たかんな屑や薪などをかまど内で燃やして湯を沸かしていたところ、折からの強い北西の風(当日12時の静岡市の風速は9.2m/hを観測)で台所の煙突から火の粉が飛び、隣家の荷馬車業宅厩舎の屋根に燃え移った。

さらに南東に隣接している市立三番町小学校(現・市立番町小学校)に延焼し、校舎1棟を全焼、1棟を半焼して13時30分ごろ鎮火した。

飛び火による火災[編集]

小学校の鎮火により収拾したと思われたが、消しきれていなかった火の粉が、南東に約650m離れた上大工町(現・葵区大工町)の2棟の住宅に着火(小学校から上大工町までの間に火災は発生していない)、2棟を含む付近一帯を焼失。空気の乾燥と約20mに風速が増した強風により炎の勢いが増し、消防隊の消火が困難となり市の繁華街の大部分を焼失。静岡駅も越え南部(現・駿河区)の一部にも燃え広がった。翌16日の3時30分ごろ鎮火した。

罹災状況[編集]

  • 焼失町数 全町焼失:47町 一部焼失:38町 計:85町
  • 焼失戸数 全焼5,229戸 半焼46戸 計5,275戸
  • 罹災人口 27,518名 死者1名 重傷者8名 軽傷者780名

焼失した主な施設[編集]

所在地は当時

  • 神社:別雷神社(七間町三丁目)、小梳神社(紺屋町)、津島神社(梅屋町)など計5社
  • 寺院:宝台院(下魚町)、教覚寺(常慶町)、華陽院(誉田町)、法伝寺(伝馬町)など計23寺
寺町一~四丁目、西寺町にあった寺院群11寺が焼失した。

追手町にあった官庁街(静岡県庁舎静岡市役所日赤病院、旧御用邸など)や静岡三十五銀行本店、静岡鉄道は延焼を免れた。

参考資料[編集]

  • 静岡市火災資料誌 P.81 - P.85(長田克俊 1986.3)
  • 静岡市の大火(静岡谷島屋書店 1940.3)
  • 静岡市火災誌(静岡県 1942.5)