静岡産業大学磐田ボニータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静岡産業大学磐田ボニータ
呼称 静産磐田
愛称 ボニータ
クラブカラー          
創設年 2008年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ2部
ホームタウン 静岡県磐田市
ホームスタジアム 磐田スポーツ交流の里・ゆめりあ球技場
収容人数 926人[1]
代表者 三浦哲治
監督 浦田敏己
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

静岡産業大学磐田ボニータ(しずおかさんぎょうだいがく いわたボニータ、英語: Shizuoka Sangyo University Iwata Bonita)は、静岡県磐田市にある女子サッカークラブ。日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ2部)に所属している。

概要[編集]

静岡産業大学サッカー部女子、磐田東高等学校女子サッカー部、ジュビロ磐田レディースの3クラブに所属する選手を中心に、2008年に静岡産業大学磐田レディースとして設立された。2009年11月に行われた参入決定戦を経て2010年度より日本女子サッカーリーグに入会した。ピラミッドとしては、静岡産業大学がトップ、磐田東高校が真ん中、ジュビロレディースが底辺のチームとして位置付けられている[2]

このチームで出場しているのは日本女子サッカーリーグのリーグ戦および皇后杯全日本女子サッカー選手権大会のみであり、年代別大会および高校・大学サッカーの大会は各所属クラブで出場している。

静岡産業大学の学生のみで構成されているチームと思われがちだが、地元企業に就職をしたOG選手も在籍しており、2014年には外国人選手の登録もあった。また、近年はOG以外の加入も増えている。

歴史[編集]

チャレンジリーグ参入まで[編集]

2007年秋頃より上述3チームでクラブ化することが具体化し[2]、2008年2月に静岡産業大学磐田レディースとして発足した。2008年度の東海女子サッカー選手権で優勝し、第30回全日本女子サッカー選手権大会に出場した。

2009年、東海女子サッカーリーグに参加。後期上位リーグ[3]で年間2位の成績を収めた。 同年11月に日本女子サッカーリーグ・チャレンジリーグ参入決定戦に出場。Aグループ3位の成績で、翌年度からの同リーグ参入が決定した

2010年-[編集]

2010年より静岡産業大学磐田ボニータへ名称を変更。4月18日、第3節・アギラス神戸戦でチャレンジリーグ初勝利を挙げた。同年度は7勝3分5敗で西地区3位となった。

2015年-[編集]

2015年よりチャレンジリーグのレギュレーションが変わり6チームずつ2グループ(EAST/WEST)に分けて各3回戦総当たり 各上位2チーム(計4チーム)によるプレーオフを1回戦総当たりにて実施となった。 チャレンジリーグWESTを7勝2分6敗の2位で終えチャレンジリーグプレーオフに挑むも3戦0勝0分3敗でなでしこリーグ2部昇格にはならなかった。

2016年-[編集]

チャレンジリーグWESTを10勝3分2敗の1位で終えチャレンジリーグプレーオフに挑むも3戦1勝1分1敗でなでしこリーグ2部昇格にはならなかった。

2017年-[編集]

チャレンジリーグWESTを6勝5分4敗の2位で終えチャレンジリーグプレーオフに進出。プレーオフ全勝でチャレンジリーグ優勝。なでしこリーグ2部昇格を決めた。

2018年-[編集]

なでしこリーグ2部に初参戦。4勝9分5敗、勝点21を挙げて7位で残留を決めた。リーグカップ戦は、Aグループで0勝3分5敗と振るわず、最下位となった。

成績[編集]

年度 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 皇后杯 監督
2009 東海 8 2位 予選敗退 日本の旗 三浦哲治
2010 チャレンジリーグ
WEST
6 15 24 7 3 5 29 24 +5 3位 3回戦敗退
2011 6 15 18 6 0 9 32 24 +8 4位 1回戦敗退
2012 チャレンジリーグ 12 22 26 7 5 10 29 51 -22 8位 1回戦敗退
2013 16 22 40 12 4 6 54 33 +21 6位 2回戦敗退
2014 16 22 21 5 6 11 27 47 -20 13位 1回戦敗退
2015 チャレンジリーグWEST 6 15 23 7 2 6 21 23 -2 2位 2回戦敗退 日本の旗 村松大介
2016 チャレンジリーグ 6 15 33 10 3 2 32 14 +18 1位(WEST) 2回戦敗退
4 3 4 1 1 1 3 4 −1 3位(総合)
2017 チャレンジリーグ 6 15 23 6 5 4 21 17 +4 2位(WEST) 1回戦敗退
4 3 9 3 3 0 8 1 +7 1位(総合)
2018 なでしこリーグ2部 10 18 21 4 9 5 20 23 -3 7位 3回戦敗退
なでしこカップ グループA 5 8 3 0 3 5 4 16 -12 5位

母体クラブ[編集]

高校および大学サッカーの大会、ならびにU-15U-18の両年代別大会および予選大会には、本所属のクラブ以外に在籍する選手は出場することはできない[4]。なお、静岡県女子サッカーリーグは、ジュビロレディース所属選手が磐田東高校の試合に出場することが可能となっている[2]

静岡産業大学サッカー部 女子[編集]

1994年に設立され、当初は静岡県藤枝市所在の同大学のキャンパスを拠点に活動していた。

2008年、活動拠点を男子サッカー部と同じ磐田キャンパスに移転し、当時男子部総監督であった三浦哲治が監督に就任、なでしこリーグへ参入と目標と定めた。同年度に大学選手権への出場権を獲得した。

磐田東高等学校女子サッカー部[編集]

1996年に設立。2000年に静岡県西部女子リーグで優勝して翌年度より静岡県女子リーグに参入した他、東海高等学校女子サッカー選手権大会や静岡県女子サッカー選手権大会、静岡県女子ユース (U-18) 選手権大会などの大会に出場歴がある[5]

2009年には東海高校選手権で3位となり、初めて全国大会に出場した[5]

ジュビロ磐田レディース[編集]

1986年にヤマハ発動機が設立したサッカースクールのひとつとして設立された。当初は女子中学生および高校生を対象とし、静岡県女子サッカーリーグおよび静岡県西部女子サッカーリーグ、および静岡県内の各種大会に出場歴がある他、運営母体による主催大会(ジュビロカップ女子)にもホストチームとして出場している。2006年よりU-12チームが設置された。

選手[編集]

現在所属している選手[編集]

2016年4月11日現在[6]
No. Pos. 選手名
1 日本の旗 GK 五十嵐輝華○
2 日本の旗 DF 山田優衣○
3 日本の旗 DF 村松夏帆○
4 日本の旗 DF 相馬まこと○
5 日本の旗 MF 中瀬朱音○
6 日本の旗 DF 田中綾香○
7 日本の旗 MF 口木ひかる○
8 日本の旗 MF 窪田美月○
9 日本の旗 DF 島村公美子○
10 日本の旗 DF 宮崎薫○
11 日本の旗 FW 渡辺麻由○
13 日本の旗 DF 久保薫子○
14 日本の旗 MF 原美紗希○
15 日本の旗 MF 堀江美月○
17 日本の旗 MF 東海林明日香○
18 日本の旗 DF 城下千夏○
19 日本の旗 DF 仲田朝香○
No. Pos. 選手名
20 日本の旗 DF 児玉涼○
21 日本の旗 FW 藤原加奈○
22 日本の旗 DF 山下夏穂○
23 日本の旗 FW 鈴木静夏○
24 日本の旗 FW 平野麻美
25 日本の旗 MF 西山芽衣
26 日本の旗 GK 寺田郁美
27 日本の旗 MF 金札杏
29 日本の旗 FW 最上里佳○
30 日本の旗 MF 川崎芽生○
31 日本の旗 MF 石田梨紗
32 日本の旗 DF 永田望○
34 日本の旗 FW 藤田桃加△
35 日本の旗 FW 神谷楓△
36 日本の旗 MF 服部芽恵△
37 日本の旗 DF 彦坂桃花△
  • ○は静岡産業大学女子サッカー部が本登録クラブ、△は磐田東高等学校女子サッカー部が本登録クラブの選手、無印は磐田ボニータのみに所属する選手である。

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メインスタンドの客席数。施設案内 (PDF) 磐田市観光協会 2010.12.31 11:06 (UTC) 閲覧
  2. ^ a b c ジュビロ磐田レディース”. 日本サッカー協会. 2014年6月21日閲覧。
  3. ^ 東海女子サッカーリーグは前期リーグと後期リーグの2期制で、前期リーグの成績によって、後期リーグは上位・下位のいずれかのグループリーグへの参加が決まるシステム。
  4. ^ たとえば静岡県女子ユース (U-18) 選手権の場合、磐田東高校所属の選手がジュビロレディースの選手として出場する事はできない。
  5. ^ a b 磐田東高等学校 女子サッカー部案内 (PDF) 磐田東高等学校公式サイト 2010.12.31 12:05 (UTC) 閲覧
  6. ^ チーム紹介 静岡産業大学磐田ボニータ 日本女子サッカーリーグ公式サイト 2016年4月12日 閲覧
  7. ^ ボニータイメージキャラクターの名前が決定しました! (PDF) 静岡産業大学サッカー部、2016年11月12日閲覧。