静岡県立静岡工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
静岡県立静岡工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 静岡県
閉校年月日 2008年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 記事参照
学期 3学期制
高校コード 22137G
所在地 420-0845
静岡県静岡市葵区太田町24
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

静岡県立静岡工業高等学校(しずおかけんりつ しずおかこうぎょうこうとうがっこう)は静岡県静岡市葵区にあった、静岡県内で最も古い公立工業高等学校2008年(平成20年)4月1日、清水工業高校と統合され静岡県立科学技術高校として、旧日東紡静岡工場跡地に移転した。跡地には静岡学園中学校・高等学校が移転した。

設置学科[編集]

全日制

定時制

  • 機械・電気科
  • 建築・土木科
  • 工業技術科

専修コース

  • 建築コース

所在地[編集]

  • 〒420-0845 静岡県静岡市葵区太田町24

沿革[編集]

  • 1918年 機械電気科5年制が本科として創設され、別に専修科として2年制の漆工・木工および製紙科を併設した。
  • 1924年 本科を機械科と電気科の2科に分けた。
  • 1926年3月 夜間授業の専修工業学校を併設した。
  • 1935年3月 専修工業学校は工業青年学校に改編した。
  • 1939年3月 木工科を昇格して5年制の建築木工科とした。
  • 1943年4月 木工科を新設した。
  • 1947年4月 工業学校の生徒募集を中止し、昭和23年までを限って新制中学を併設した。
  • 1948年4月 工業高等学校に移行し、機械科・電気科・土木科・建築科・木材工芸科とした。また定時制課程として修業年限4年の機械科・電気科・建築科・土木科を設置した。
  • 1949年3月 従来の静岡工業学校ならびに併設中学校が自然廃止になり、同年4月より工業高等学校に完全移行した。
  • 1951年4月 全日制課程に工業化学科を新設
  • 1958年4月 電子工業科を設置した。
  • 1962年4月 全日制課程の電子工業科を電子科に改めた。
  • 1963年4月 木材工芸科を工芸科に改めた。
  • 1971年4月 定時制課程の建築科・土木科を建築科と土木科の一括募集とした。専修コース(機械科・建築科)を定時制に設置した。
  • 1973年4月 工芸科をインテリア科に改めた。
  • 1991年4月 全日制課程に電子機械科を設置
  • 2002年4月 全日制課程工業化学科の募集を停止した。
  • 2004年4月 インテリア学科の募集を停止し、建築学科を建築類型とインテリア類型に分かれる
  • 2005年4月 電子機械学科の募集停止
  • 2008年 清水工業高校と合併し、静岡県立科学技術高等学校に校名変更して葵区長沼に移転。

主な部活動[編集]

体育会系[編集]

文化系[編集]

著名な卒業生[編集]

  • 宮城島弘正 - 旧清水市最後の市長(5期18年努めた)
  • 吉田弘 - (1958年2月生まれ)元日本代表サッカー選手・旧古河電工サッカー部所属・サッカー指導者、2007年にU-17日本女子代表監督。2011年からはU-17日本女子代表と兼任でU-20日本女子代表監督。
  • 石神良訓 - (1957年11月生まれ)元日本代表サッカー選手・旧ヤマハ発動機サッカー部所属・サッカー指導者、元ジュビロ磐田の育成センター育成統括。
  • 田代卓 - イラストレーター九州産業大学教授
  • 松本光一 - 実業家。株式会社TENGA代表取締役社長。

関連項目[編集]