静岡県立静岡高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
静岡県立静岡高等学校
静岡県立静岡高等学校
過去の名称 静岡師範学校中等科
静岡県尋常中学校
静岡県静岡中学校
静岡県立静岡中学校
静岡県立静岡第一高等学校
静岡県立静岡城内高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 静岡県の旗 静岡県
校訓 卬高(高きを仰ぐ)
設立年月日 1878年9月2日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(全日制8学級/7学級 定時制2学級)
高校コード 22133D
所在地 420-8608
静岡県静岡市葵区長谷町66番地

北緯34度59分7.2秒 東経138度22分49.6秒 / 北緯34.985333度 東経138.380444度 / 34.985333; 138.380444座標: 北緯34度59分7.2秒 東経138度22分49.6秒 / 北緯34.985333度 東経138.380444度 / 34.985333; 138.380444
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
静岡県立静岡高等学校の位置(静岡県内)
静岡県立静岡高等学校

静岡県立静岡高等学校(しずおかけんりつ しずおかこうとうがっこう)は、静岡県静岡市葵区長谷町に所在する県立高等学校

概要[編集]

1878年明治11年)に静岡師範学校中等科として開校した公立高校。文武両道を掲げ、生徒による自治を重んじる。通称は「静高(しずこう)」、旧制中学時代を「静中(せいちゅう)」。生徒は「岳南健児」と呼ばれる。県内屈指の進学校。

部活動が盛んで多くの実績を残している。サッカー、バスケットボール、野球ではオリンピック代表選手を輩出。構内に独立図書館を持つ。

昭和天皇1930年(昭和5年)と1946年(昭和21年)に2度視察(来校)している。このうち1930年(昭和5年)の行幸を記念して建立されたのが卬高碑である。

校訓
卬高(こうこう)「高きを仰ぐ」

実践目標

  • われわれは勉強を本分とする。
  • われわれは人に迷惑をかけない。
  • われわれは自主的に行動する。
  • われわれは勤労を愛する。(定時制)

沿革[編集]

明治19年(1886年)頃の「静岡中学校」[1]
旧制静岡中学校(1930年)
  • 1878年(明治11年) - 安倍郡静岡追手町(現・葵区駿府町)の静岡師範学校内に中等科を開設
  • 1879年(明治12年) - 静岡師範学校中等科を分離し「静岡中学校」とする
  • 1886年(明治19年) - 静岡中・浜松中・沼津中の3校を合併して「県立静岡中学校」と改称
  • 1886年(明治19年) - 「県立静岡尋常中学校」に改称
  • 1887年(明治20年) - 安倍郡静岡西草深町に校舎が完成し移転
  • 1887年(明治20年) - 「静岡県尋常中学校」に改称
  • 1898年(明治31年) - 「静岡県静岡尋常中学校」に改称
  • 1899年(明治32年) - 「静岡県静岡中学校」に改称
  • 1900年(明治33年) - 安東村北安東の新校舎に移転
  • 1901年(明治34年) - 「静岡県立静岡中学校」に改称
  • 1928年昭和3年) - プール新設及び図書館完成
  • 1930年(昭和5年) - 昭和天皇が行幸。授業及び諸運動を観覧される。
  • 1945年(昭和20年) - 戦災により校舎消失。工場や連隊兵舎跡地等を仮校舎として使用
  • 1946年(昭和21年) - 昭和天皇が再び行幸。
  • 1948年(昭和23年) - 新学制実施。「静岡県立静岡第一高等学校」に改称。定時制課程設置
  • 1949年(昭和24年) - 「静岡県立静岡城内高等学校」に改称。男女共学となる
  • 1953年(昭和28年) - 静岡市長谷町に新校舎が完成し生徒、職員全員移転。「静岡県立静岡高等学校」に改称
  • 1988年(昭和63年) - 現校舎完成
  • 2004年平成16年) - 創立125周年記念資料館「卬高館」落成
  • 2005年(平成17年) - 全天候型運動場(静高ドーム)竣工
  • 2012年(平成24年) - 体育館の耐震工事完了

部活動など[編集]

運動部[編集]

文化部[編集]

囲碁部が1980年(昭和55年)全国高校囲碁選手権大会において全国3位の実績があるほか、2012年(平成24年)にはマンドリン部が全国ギターマンドリンフェスティバルと全国高等学校総合文化祭に出場した。これまで写真部や新聞部、郷土研究部などが数々の賞を受賞している。

その他の活動[編集]

1988年(昭和63年)第8回全国高等学校クイズ選手権において優勝。

校歌[編集]

現在、公式行事等では一番のみを歌う。 ただし、旧制中学時代の出身者を中心に2番以降も歌われている。

学校行事[編集]

  • 4月 - ホームルームデー (クラスごとに目的地を決めて、親睦を深めるべく遠足する。)
  • 5月 - 教育講演会 (OBの著名人による公演。5月上旬。)
  • 6月 - 卬高祭 (文化祭、卬高展、仮装というイベントを6月初旬、3日間にわたって繰り広げる。)
  • 文化祭は、市民文化会館にて、音楽系文化部や演劇部などの発表が行われる。
  • 卬高展は文化部の展示発表のほか、綱引き大会、有志バンドの発表が行われる。
  • 仮装は本校最大のイベントであり、50年以上の歴史がある。かつてはクラスごとに静岡駅前を仮装して行進することもあった。現在では、校内駐車場の一部を作業場とし、また体育館などの施設を演技の練習場として利用して準備を進め、本校グラウンドにて、各クラス8分間の持ち時間の中、各クラスの独創性をこらした無声劇を行う形式となっている。
  • 7月 - 球技大会 (クラス対抗形式で行う。一学期期末テスト後(夏休み直前)に実施。)
  • 9月 - 体育大会 (いわゆる運動会とは異なり、個人陸上競技が中心。9月末に実施。)
  • 10月 - 球技大会 (クラス対抗形式で行う。二学期中間テスト後(10月中旬)に実施。)
  • 12月 - 修学旅行
  • 2年生の12月に3泊4日で実施。平成20年度入学の生徒から、奈良京都、台北の

2ヶ所から行き先を選択できるようになった。各人の「研修」との位置づけである。

  • 1月
    • 冬の祭典 (音楽系文化部による発表会。1月中旬から下旬に実施。)
    • マラソン大会 (1、2年生のみ。月末に静岡市郊外で実施。男子は約10キロ、女子は約7キロを走る。)

教育[編集]

  • 定期試験、学力テスト、校外模擬試験など試験は多く、長期休業明けを含め、ほぼ一ヶ月に一回試験が行われる。
  • 65分授業(×5時限)を行っている。また、隔週で土曜に正規の授業を行い、並行してオープンスクールを実施している。

服装[編集]

  • 男女とも制服着用。
  • 男子生徒は黒色・金ボタンの学生服(学ラン)、女子生徒はチャコールグレーのブレザースカート(全日制・1967年制定。定時制は紺色)。略装(夏服)は男子がワイシャツスラックス、女子がブラウスとチャコールグレーのスカートである。
  • 校舎内は土足で出入りできるが、床の傷つきを抑えるため下駄の着用は禁止。

著名な出身者[編集]

政治

(静岡)

行政

外交

法曹

学者・科学者 

軍人

実業

エンジニア

文学

漫画

美術

音楽

映画・映像

出版・マスコミ

(プロデューサー)

(アナウンサー)

芸能その他

スポーツ

(野球)

(サッカー)

(バスケットボール)

(ボディビル)

学校長・教職員[編集]

交通[編集]

出版[編集]

  • 写真集「高きを仰ぐ 静中静高125年の歩み」
  • 静中静高史
  • 回想 静岡中學校 戦中戦後の激動期を生きて
  • 静中静高創立25年、50年、75年記念誌 復刻版

進学先地域[編集]

同校の発表に基づき、2016年(平成28年)度から2018年(平成30年)度の3年度間における卒業生の国公立大学への合格者数(新卒に限る)をそれらの所在地域別に分類し、一部を抜粋すると次の通りであった[2]

国公立大学合格者数
大学の所在地域[注釈 1] 人数
関東地方 144
静岡県[注釈 2] 125
近畿地方 62
東海地方 44
東北地方 26
北海道地方 15
北陸地方 10
長野県 5
山梨県 4

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、本表での「関東地方」とは東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県の1都6県を指し、また、「近畿地方」とは大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県の2府4県を、「東海地方」とは愛知県岐阜県三重県の3県を、「東北地方」とは青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県の6県を、「北陸地方」とは富山県石川県福井県の3県を、それぞれ便宜上指すものとする。必ずしも他者による分類とは一致しない。
  2. ^ うち静岡市静岡県立大学が37名であり、浜松市浜松医科大学静岡文化芸術大学が22名と3名、また両市にキャンパスを擁する静岡大学が62名であった。

出典[編集]

  1. ^ 『写真集 明治大正昭和 静岡』ふるさとの想い出 13、小川龍彦著、図書刊行会、昭和53年、国立国会図書館蔵書、2019年3月22日閲覧
  2. ^ 過去3年間の進路状況”. 静岡県立静岡高等学校(全日制)公式ホームページ. 静岡県立静岡高等学校. 2021年1月2日閲覧。

関連項目[編集]