静岡県道381号島田岡部線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
静岡県道381号標識

静岡県道381号島田岡部線(しずおかけんどう381ごう しまだおかべせん)は、静岡県島田市佐夜鹿から藤枝市岡部町内谷に至る一般県道

概要[編集]

静岡県道381号島田岡部線、藤枝市横内にて

国道1号の一部区間であったが、1980年昭和55年)11月の国道1号島田金谷バイパス開通に伴い、島田市中央町から同市佐夜鹿までの区間が1982年(昭和57年)3月31日に静岡県道381号島田金谷線に指定された。

2015年(平成27年)4月1日に国道1号のうち内谷新田交差点-大津通り交差点の区間(藤枝バイパスの現道区間)が県道381号に指定変更され、島田岡部線に改称された[1]

路線データ[編集]

地理[編集]

東海道を並行するように通っており(一部重複[2])、途中に大井川橋(約1km)がある。

(国道1号の日坂からの区間と)起点から金谷駅付近までは、旧東海道(難所である牧之原台地小夜の中山の峠越え)の迂回路として1880年明治13年)に開通した中山新道(なかやましんどう)である[3]

接続する道路[編集]

静岡県道381号島田岡部線の終点、国道1号(内谷インターチェンジ)と静岡県道81号焼津森線との接続部、藤枝市岡部町内谷にて

回転道路[編集]

北緯34度50分08.8秒東経138度08分56.0秒座標: 北緯34度50分08.8秒 東経138度08分56.0秒

大井川にかかる大井川橋には右折レーンが無く、橋東側では堤防沿いの静岡県道342号河原大井川港線へ右折する車両のために慢性的な渋滞に悩まされていた。鉄橋である大井川橋の改良工事には莫大な費用が予想されていたが、2006年平成18年)3月、橋東側に回転道路をつけるという解決策でコストを大幅に削減した[4]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 静岡県告示第334号 (PDF)”. 静岡県広報. 静岡県 (2015年4月1日). 2015年4月1日閲覧。
  2. ^ 御仮屋交差点 - 栃山橋東交差点、六合駅入口交差点 - 一里山交差点
  3. ^ 中山新道開通と御林開拓『杉本権蔵』”. お茶街道. カワサキ機工. 2012年5月14日閲覧。
  4. ^ 平成17年度工事コスト縮減事例(1)”. 静岡県 (2006年). 2008年4月4日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]