静電気防止袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネットワークカードを包装した静電気防止袋

静電気防止袋(せいでんきぼうしぶくろ)は、電子部品静電気放電から保護するである。ポリエチレンテレフタラート等を主原料とする。用途によって構造は様々だが、例えば多層構造から成る製品では、金属蒸着加工が施された層が静電気を減衰させ、基板帯電から守る。帯電防止袋(たいでんぼうしぶくろ)、または静電シールドバッグ(せいでんシールドバッグ)とも呼ばれる。

概要[編集]

電子機器の小型化や組み込みシステムの多様化に伴い、電子部品に限らず、各構成部品の極細化が進むと共に、静電気を帯びない包装技術が求められる。高い導電性能は、帯電を防ぎ、大気中の不純物の付着や混入から部品を守るため、組み立て作業に於ける品質保持に貢献するなど、静電気対策は、電子部品の保護だけにとどまらず、生産性向上を促す重要な役割を果たす。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]