静香八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しずか はちろう
靜香 八郎
本名 渡邊 庸太郎 (わたなべ ようたろう)
生年月日 (1904-01-04) 1904年1月4日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
身長 168.2cm
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1920年代 - 1943年
配偶者 千代田綾子
著名な家族 森川信(遠戚)
主な作品
肉弾三勇士
『満洲大進軍』
『君国のために』

静香 八郎(しずか はちろう、1904年1月4日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4]靜香 八郎と表記されることもある。本名は渡邊 庸太郎(わたなべ ようたろう)[1][2][3][4]。長年の実演経験を持ち、河合映画製作社赤沢映画などの三流キネマで活躍した二枚目俳優である[1][4]

来歴・人物[編集]

1904年(明治37年)1月4日大阪府大阪市に生まれる[2][3][4]。1979年(昭和54年)10月23日に発行された『日本映画俳優全集 男優篇』(キネマ旬報社)では、生年は「1905年(明治38年)1月4日」という旨が記されているが、誤植と思われる[1]

幾年の実演生活を経て、1926年(大正15年)、帝国キネマ時代劇部へ入社[1][2][3][4]。主に市川百々之助(1906年 - 1978年)の悪役俳優として活躍する。1927年(昭和2年)7月28日に公開された森本登良男監督映画『恋の簪』や、同年8月13日に公開された同じく森本登良男監督映画『剣人』では初めて大役を務めたが、都合により間も無く退社[1][3][4]

1929年(昭和4年)、谷崎十郎プロダクションに移籍するが、その傍らで森本登良男プロダクション、片岡千恵蔵プロダクションの作品にもフリー出演している[1][2][3][4]。その後、河部五郎一座で実演巡業を経て河合映画製作社へ移籍する[1][3][4]。この頃、同社に所属していた千代田綾子(本名渡邊綾子、1906年[5]/1907年[6] - 没年不詳)と結婚した[4]。1928年(昭和3年)に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』(世界映画社)など一部の資料によれば、大阪府大阪市天王寺区細工谷54番地に住み、身体は5尺5寸5分(約168.2センチメートル)、体重は16貫500匁(約61.9キログラム)、趣味は文学と運動であり、お酒と女、中華料理が嗜好であるという[2][3]

1931年(昭和6年)、赤沢映画へ移籍する[4]。『日本映画俳優全集 男優篇』によれば、翌1932年(昭和7年)に移籍としている[1]。以後、赤沢映画の主演俳優として活躍したが、主演作品は同年公開の赤沢大助監督映画『肉弾三勇士』『満洲大進軍』『君国のために』など、軍事映画に限られた[1][4]。1935年(昭和10年)の赤沢映画活動停止後は再び実演に戻る[1][4]。その後、1943年(昭和18年)9月30日に公開された興亜商事製作の中西卯之助・長尾史録監督映画『菊水とはに』に脇役として出演していたが、終戦後の消息は明らかになっていない[1][4]没年不詳

出演作品[編集]

帝国キネマ演芸[編集]

特筆以外、全て製作・配給は「帝国キネマ演芸」、共同製作は「市川百々之助プロダクション」、全てサイレント映画である。

  • 『ひょっとこ』:監督佐藤樹一路、1927年5月14日公開 - 義賊猫小僧
  • 『妖雲』:監督森本登良男、1927年7月14日公開
  • 『恋の簪』:監督森本登良男、1927年7月23日公開
  • 『剣人』:監督森本登良男、1927年8月13日公開 - 主演
  • 『創痕』(『創恨』[2][3]):監督竹村快一、1927年11月20日公開
  • 『猛漢起つ』:監督服部真砂雄、製作沢田義雄プロダクション、1927年月日不明公開

谷崎十郎プロダクション[編集]

特筆以外、全て製作・配給は「谷崎十郎プロダクション」、全てサイレント映画である。

  • 『修羅悪鬼』:監督松屋春翠、1928年1月20日公開
  • 『漂泊の剣士』(『漂白の剣士』[1]):監督下村健二、1928年3月17日公開
  • 『落花の辻 前篇』:監督松屋春翠、製作ヤマト映画、配給松竹、1928年5月4日公開
  • 『落花の辻 後篇』:監督松屋春翠、製作ヤマト映画、配給松竹、1928年5月13日公開

森本登良男プロダクション[編集]

特筆以外、全て製作・配給は「森本登良男プロダクション」、全てサイレント映画である。

  • 戦艦三笠』:監督森本登良男、1928年7月1日公開
  • 『誉れの警官』:監督森本登良男、1928年10月13日公開 - 主演
  • 『続万花地獄 完結篇』:監督稲垣浩曾我正史、製作片岡千恵蔵プロダクション、1929年2月15日公開 - 飛車兵衛
  • 君恋し』:監督森本登良男、1929年3月6日公開 - 主演
  • 『消防隊』:監督森本登良男、1929年月日不明公開 - 主演

河合映画製作社[編集]

全て製作・配給は「河合映画製作社」、全てサイレント映画である。

  • 『浅草丹次』:監督丘虹二、1930年4月3日公開
  • 『灰神楽』:監督石山稔、1930年5月15日公開 - 暗闇の寅
  • 『旗本風流男』:監督山口哲平、1930年5月30日公開 - 横井甚兵衛
  • 『群盗猟奇陣』:監督山口哲平、1930年6月27日公開
  • 『白夜物語』:監督山口哲平、1930年7月11日公開 - 真間崎三郎
  • 『多情涙恨』:監督小沢得二・石山稔、1930年7月18日公開
  • 『蒼白き人々』:監督山口哲平、1930年8月15日公開
  • 『国定忠次 関東大殺篇』(『関東大殺篇 国定忠治』[4]):監督千葉泰樹、1930年10月1日公開 - 松井軍太夫
  • 清水定吉』:監督丘虹二、1930年10月17日公開
  • 『天保夜鴉伝』:監督千葉泰樹、1930年10月24日公開(1930年10月31日公開説あり)
  • 『遊侠白浪噺』(『遊俠白浪噺』『遊侠白浪囃』[2][3]):監督千葉泰樹、1930年11月21日公開
  • 『白粉蜘蛛』:監督千葉泰樹、1931年1月22日公開
  • 『維新建国池田屋事変』(『池田屋事変』):監督村越章二郎、1931年4月10日公開
  • 清水の小政』:監督村越章二郎、1931年4月24日公開 - 次郎長
  • 『新興歌舞伎映画 三人吉三』(『三人吉三』):監督石山稔、1931年5月6日公開(1931年5月8日公開説あり) - お坊吉三

赤沢映画[編集]

全て製作・配給は「赤沢映画」、特筆以外は全てサイレント映画である。

  • 『阿波の鳴門』:監督吉野二郎、1931年月日不明公開
  • 『散りゆく大和桜 空閑少佐』:監督赤沢大助、1932年4月7日公開 - 主演
  • 『空中艦隊』:監督赤沢大助、1932年7月14日公開 - 主演 ※トーキー
  • 肉弾三勇士』:監督赤沢大助、1932年月日不明公開 - 主演 ※トーキー
  • 『満州大進軍』(『満洲大進軍』):監督赤沢大助、1932年月日不明公開 - 主演
  • 島の娘』:監督赤沢大助、1933年3月8日公開
  • 『敵は太平洋』:監督赤沢大助、1933年10月19日公開 - 吉野中尉
  • 金色夜叉』:監督赤沢大助、1934年2月8日公開 - 荒尾譲介 ※トーキー
  • 『君国のために』:監督赤沢大助、1934年7月5日公開 - 主演 ※サウンド版

フリーランス[編集]

全てトーキーである。

  • 『山征かば 一部・二部』:監督赤沢大助、製作日本国策映画社、1942年11月12日公開 - 主演
  • 『菊水とはに』:監督中西卯之助・長尾史録、製作興亜商事、1943年9月30日公開[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、267頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』 映画世界社、1928年、113頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』 映画世界社、1929年、149頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『映画俳優事典 戦前日本篇』 未来社、1994年、173頁。
  5. ^ 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』 映画世界社、1928年、24頁。
  6. ^ 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』 映画世界社、1929年、30頁。

関連項目[編集]