非婚社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

非婚社会(ひこんしゃかい)は、社会の形態を意味する言葉である。

概要[編集]

これは現代社会の人間の多くは結婚ができないということであり、このような人間が多くなっている社会というのが非婚社会ということである。非婚社会となっている社会でも結婚を希望している者は多いものの、それが叶わないために独身であるという者が多い。

このことから非婚社会である現代では、出会いや婚活などといったビジネスが増加しており、それと共にインターネットサイトなどの婚活のサービスの利用者も増加している。

非婚社会であるからこそ発生している新たな家族の形態というのも存在する。それは、独身の男女が1軒の家を借り上げた上で、その家の各部屋でそれぞれが生活するという形式である。そのような家族であったならば、結婚をすることによる責任というリスクを負わないで寂しさを感じないで生活ができるというメリットが存在している[1]

原因[編集]

主たる原因として、2000年代以降の日本では、不安定雇用・低収入の人が増加しており、結婚して夫婦で生活していけるだけの経済的余裕がないということがある。

また、価値観の変化(いわゆる「草食系」)も一因として挙げられるが、若者は決して無欲にはなっておらず、もっぱら経済政策の失政という見方は根強く[2]、議論がある。

先述の婚活・出会いビジネスや、独身男女の共同生活など、時代の変化とともに男女関係も変化しているとも言える。また、もっぱら金銭をあまり費やさない方向性が強まっていると言え、時代にフィットした男女関係の模索が続いている。

関連項目[編集]

  • 生涯未婚率 - 2000年代以降の日本では急激に上昇しており、今後も上昇し続けることが予測されている
  • ナシ婚 - 現代の日本では、運よく結婚できたとしても、経済的理由により結婚式を挙げないことも多い

脚注[編集]