非手続き型言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

非手続き型言語(ひてつづきがたげんご、non-procedual language)とは、コンピュータプログラミング言語の分類のひとつであり、手続き型言語の対義語にあたる。手続き型言語に対するアンチテーゼとして非手続き型という分類が生まれた。宣言型言語 (Declarative language)と同義に扱われることが多い。

高級言語の一種であり、手続き型言語が問題の解法 ("how")を記述しようとするのに対し、非手続き型言語はむしろ問題そのもの ("what")を記述することに力点を置く。

例としては

などがある。

参考書籍[ソースを編集]

  • 西垣通他『情報学事典』弘文堂、2002年

関連項目[ソースを編集]