非有神論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

非有神論(ひゆうしんろん、英語:Nontheism)は、「宗教的」[1]か「非宗教的」[2]かに関わらず、神を必要としない信仰、神の不在を信じる者、有神論に否定的な無神論者等を含めた広い範囲を対象とする用語である。

使用の始まり[編集]

1853年、ジョージ・ヤコブ・ホリョークがハイフン付きのNon-theismを使ったのが始まりである[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Williams, J. Paul; Horace L. Friess (1962). “The Nature of Religion”. Journal for the Scientific Study of Religion (Blackwell Publishing) 2 (1): 3–17. doi:10.2307/1384088. JSTOR 1384088. 
  2. ^ Starobin, Paul. “The Godless Rise As A Political Force”. The National Journal. 2010年7月29日閲覧。
  3. ^ "The Reasoner", New Series, No. VIII. 115