革命的敗北主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

革命的敗北主義(かくめいてきはいぼくしゅぎ)とは、日本の新左翼政治思想の一つ。言葉は似ているが、革命的祖国敗北主義とは別の概念である。

概要[編集]

革命はいつか必ず成就する」というのが、新左翼の信念である。しかし、革命に至るには多くの闘争を経なければならない。そのため個々の闘争は妥協を許さず、かつての日本軍玉砕のように自己を犠牲にしてでも「革命的敗北」を貫徹しなければならないとする。これらの積み重ねによって、はじめて革命が成就するという考え方である。

ブント系党派で多く唱えられたことから、別名「ブント主義」ともいう。「捨石運動論」という別名もある。

参考文献[編集]

  • 高沢皓司、佐長史朗、松村良一編『戦後革命運動事典』新泉社、1985年

関連項目[編集]