革新派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

革新派(かくしんは)とは、満州事変以降の民族主義国家主義国粋主義の盛り上がりに伴って大日本帝国の主流に台頭した、様々な歪みや矛盾を抱えて閉塞した現体制の「革新」・「改造」・「維新」を訴えた、政治思想の潮流、又は、その勢力[1]

軍部における「革新派」という軍閥[2][3][4][5]軍国主義)、文官官僚における革新官僚大ドイツ国国家社会主義に傾倒した者にも見られた[1]

その潮流の一つが昭和維新であり、三月事件十月事件五・一五事件陸軍士官学校事件二・二六事件などの暗殺クーデター事件も引き起こした[1]

国内においては、後の国家総動員法大政翼賛会新体制運動などの萌芽となり、民間における革新派の結集と言える東亜建設国民聯盟には、安達謙蔵国民同盟)、中野正剛東方会)、松井石根(大アジア協会)、橋本欣五郎大日本青年党)、末次信正徳富蘇峰三宅雪嶺清瀬一郎などが参加した[1]

代表的な左翼からの転向者としては、以下の赤松克麿、平野力三、麻生久らが挙げられる。

外交においては、日満支ブロックによる「東亜新秩序」を推進して独伊の「欧州新秩序」と連携し、世界の再編成を通じた英米「旧秩序」の打破を目指した[1]

軍閥としての革新派は、後の統制派の母体となった[6][7]

出典[編集]