靱蹴球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
靱蹴球場 / 靭サッカー場
"大阪うつぼ[1][2]"
施設情報
所在地 大阪府大阪市西区靱本町2丁目1-14
位置 北緯34度41分4.9秒 東経135度29分31.4秒 / 北緯34.684694度 東経135.492056度 / 34.684694; 135.492056座標: 北緯34度41分4.9秒 東経135度29分31.4秒 / 北緯34.684694度 東経135.492056度 / 34.684694; 135.492056
開場 1955年
閉場 1996年頃
取り壊し 1997年
所有者 大阪市
使用チーム、大会
当該項目参照
収容能力

靱蹴球場(うつぼしゅうきゅうじょう)[3] または靭サッカー場(うつぼサッカーじょう)[4] は、かつて大阪府大阪市西区靱本町靱公園内にあったサッカー専用の球技場

概要[編集]

1955年に戦災復興土地区画整理事業によって靱公園が開園した際、園内の西園に建設された[5]。1960年代・70年代には大阪におけるサッカーの拠点の一つとされ、長居陸上競技場と共に主要なサッカー大会のメイン会場として使用された。

グラウンドは2面あった(東側がスタンドつきの芝グラウンド、西側が土のグラウンド)。このグラウンドは鉄条網で区切られていて、西区民まつりなどの場合、両方解放されることがあった。東側の芝グラウンドの鉄柵の上部には有刺鉄線があり、日頃は立入禁止であった。また、大阪市立花乃井中学校が、体育館新設工事(1988年7月~1989年8月)の折、臨時運動場として使用したことがある。

後年、施設の老朽化が著しくなった事もあり、1997年国民体育大会なみはや国体)のテニスコート会場として公園内の靱テニスセンターの拡充を図ることを目的に閉鎖・解体され、跡地は靱テニスセンターのセンターコートなどが建設された[6]。サッカー関連施設は公園内からはなくなったが、現在も大阪府サッカー協会が靱公園に隣接するTK靭本町ビルに入居している[7]

開催された主な大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ローマ、東京、メキシコ(2)”. 賀川サッカーライブラリー. 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ a b 高校サッカーの歴史”. 全国高等学校サッカー選手権大会. 日本テレビ放送網. 2016年7月16日閲覧。
  3. ^ 「JSL91/92競技場ガイド」『1991-1992JSLイヤーブック』南雲堂、1991年、202頁。ISBN 4-523-31033-5。
  4. ^ a b 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝は市立吹田サッカースタジアムで開催”. 日本サッカー協会 (2016年7月14日). 2016年7月16日閲覧。
  5. ^ 京町堀まちづくりプロジェクト 靱公園とその界隈の歴史”. HTAデザイン事務所. 2016年7月16日閲覧。
  6. ^ 靭公園の歴史と管理 (PDF) - 大阪市立大学大学院創造都市研究科 都市政策専攻
  7. ^ 協会事務所について”. 大阪府サッカー協会. 2016年7月16日閲覧。
  8. ^ 「大阪高校秋季大会サッカー大会兼全国高校選手権大阪大会」 朝日新聞、1991年10月28日、2016年3月5日閲覧
  9. ^ 「大阪地域サッカー連盟優勝大会20日」 朝日新聞、1992年3月2日、2016年3月5日閲覧
先代:
小石川サッカー場
東京都
天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝戦会場

40
次代:
藤枝東高校
静岡県