鞍掛山 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鞍掛山
Mount Kurakake 2011918.jpg
三島市の中心街から望む。左のピークが山頂。
標高 1,004 m
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町
静岡県田方郡函南町
位置 北緯35度10分33.7秒 東経139度1分32秒 / 北緯35.176028度 東経139.02556度 / 35.176028; 139.02556座標: 北緯35度10分33.7秒 東経139度1分32秒 / 北緯35.176028度 東経139.02556度 / 35.176028; 139.02556
山系 箱根山古期外輪山(湯河原火山)[1][2]
種類 成層火山
鞍掛山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

鞍掛山(くらかけやま)は、神奈川県足柄下郡箱根町静岡県田方郡函南町の境にある、標高1004mの山である。

概要[編集]

箱根古期外輪山の一つ。湯河原火山が大きく侵食されてできた峰で[3]、その谷底に発達しているのが湯河原温泉である[3]

その位置的な関係上、現在山頂にはNTTNTTドコモの鞍掛無線中継所の他に、警察庁関東管区警察局の通信施設もあり、箱根外輪山の東側にある二子山無線中継所と共に、東京方面と東海地方をつなぐ無線通信網の重要な拠点となっている。

かつてその場所には伊豆箱根鉄道により、湯河原峠から山頂まで伊豆箱根鉄道湯河原索道線というロープウェイが掛けられていた。山頂には高い木などがなく開けており、そこからの眺めはよく駿河湾相模湾富士山芦ノ湖などを眺望でき人気を博していたが、が発生しやすい地形のため、ロープウェイの運行が不安定となり、1974年に休止、1977年に廃止された。

山頂へ向かうためには無線中継所用の舗装道路があるが、警察庁の重要施設もあることから、関係者以外進入禁止とされている。また、北麓は箱根くらかけカントリーのゴルフ場として利用されている。

鞍掛山 (神奈川県)の位置(100x100内)
鞍掛山 (神奈川県)
箱根火山と鞍掛山の位置関係
湯河原峠から見た鞍掛山(奥の鉄塔のある峰)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 出典 : 湯河原 - 群馬大学 早川由紀夫、2016年4月閲覧
  2. ^ 出典 : 040湯河原温泉 - 箱根ジオパーク、2016年4月閲覧
  3. ^ a b 出典 : 040湯河原温泉 - 箱根ジオパーク、2016年4月閲覧

関連項目[編集]