鞍馬天狗 (2008年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
鞍馬天狗
ジャンル 時代劇
原作 大佛次郎
脚本 古田求
川上英幸
演出 野田雄介
吉國勲
田中正
出演者 野村萬斎
京野ことみ
羽田美智子
石原良純
徳井優
杉本哲太
緒形直人
音楽 服部隆之
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 古川法一郎
製作 NHK大阪放送局
放送
放送チャンネル NHK総合
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年1月17日 - 3月6日
放送時間 木曜 20:00 - 20:45
放送枠 木曜時代劇
放送分 43分
回数 8
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

鞍馬天狗』(くらまてんぐ)は、NHK大阪放送局制作によりNHK総合の「木曜時代劇」で2008年1月17日から3月6日まで木曜日の20時から20時43分に放送されたテレビドラマ時代劇である。全8回。原作は大佛次郎の代表作『鞍馬天狗』で過去に数回、映画・舞台・テレビドラマ化されているが、本作では狂言師野村萬斎が鞍馬天狗に扮した。なお、本作は(第1次)NHK「木曜時代劇」枠最後の作品となる。

NHK BSプレミアムの「BS時代劇」枠で2020年8月28日から10月16日まで再放送された[1]

あらすじ[編集]

幕末の京都。公家の小野宗房は、幼少の頃に父を叔父の小野宗行に殺された事で京を離れ、鞍馬山で武術の鍛錬を重ねてきた。しかし山を下りた宗房は、京都で小野宗行が新撰組を操り、人々を弾圧している事を知る。そして宗行に命を狙われる中で新撰組に追われる桂小五郎を助けた宗房は、公家を捨てて浪人・倉田典膳となり、正体を隠し「鞍馬天狗」を名乗って戦いを挑む事を決意する。近藤勇は鞍馬天狗を新撰組の最大の敵と睨みながらも、尊敬すべき敵として鞍馬天狗を追っていく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

その他の人物[編集]

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 大佛次郎『鞍馬天狗』より
  • 制作統括 - 古川法一郎
  • 脚本 - 古田求、川上英幸
  • 演出 - 野田雄介、吉國勲、田中正
  • 音楽 - 服部隆之
  • 制作・著作 - NHK大阪放送局

放送日程[編集]

各回 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 視聴率[要出典]
第1回 1月17日 天狗参上 鬼面の老女 古田求 野田雄介 12.7%
第2回 1月24日 宿命の敵 銀煙管 13.1%
第3回 1月31日 石礫(つぶて)の女 女郎蜘蛛 川上英幸 11.4%
第4回 2月07日 山嶽党奇談 前編 山嶽党奇談 田中正 10.6%
第5回 2月14日 山嶽党奇談 後編 10.3%
第6回 2月21日 天狗と子守歌 (オリジナル脚本) 吉國勲 10.8%
第7回 2月28日 角兵衛獅子 前編 角兵衛獅子 古田求 野田雄介 11.3%
第8回 3月06日 角兵衛獅子 後編 9.8%
平均視聴率11.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 再放送情報 「鞍馬天狗」”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年7月15日). 2020年7月15日閲覧。
NHK総合テレビ 木曜時代劇
前番組 番組名 次番組
鞍馬天狗
(2008.1.17 - 2008.3.6)
【ここまで木曜時代劇枠】
廃枠
NHK総合テレビ 木曜20時台
風の果て 
鞍馬天狗
(2008.1.17 - 2008.3.6)
【ここまで木曜時代劇枠】
バッテリー
【ここからドラマ8枠】
NHK総合テレビ 時代劇枠番組
風の果て
鞍馬天狗
【ここまで木曜時代劇枠】
オトコマエ!
※土曜19:30 - 20:00
【ここから土曜時代劇枠】
NHK BSプレミアム BS時代劇
妻は、くの一〜最終章〜(アンコール)
(2020年7月12日 - 8月16日)
鞍馬天狗(アンコール)
(2020年8月28日 - 10月16日)
赤ひげ3
(2020年10月23日 - )