鞍馬 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鞍馬(くらま)は大日本帝国海軍が建造を予定していた、雲龍型航空母艦。艦名は京都府北部にある鞍馬山による[1]。海軍達号で本艦の命名にかかるものは存在せず、艦名は予定艦名であり、他の候補名として開聞(かいもん)があった[2]

計画[編集]

1942年(昭和17年)策定の改マル5計画による雲龍型航空母艦の7番艦で、同計画による仮称艦名第5008号艦。

予定建造所は三菱長崎造船所。1943年11月に起工し、1945年12月の竣工を予定していたが[3]、1944年5月5日の建造線表の改訂により建造取りやめとなった[4]

同型艦[編集]

雲龍 - 天城 [III] - 5002 - 葛城 [II] - 笠置 [II] - 5005 - 阿蘇 [II] - 生駒 [II] - 鞍馬 [II] - 5009 - 5010 - 5011 - 5012 - 5013 - 5014 - 5015

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 雑誌「」編集部『写真 日本の軍艦 第3巻 空母I』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0453-9
  • 世界の艦船 No. 129 『1968年5月特大号』(海人社、1968年)
  • 戦史叢書 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』(朝雲新聞社、1975年)

脚注[編集]

  1. ^ 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社
  2. ^ 世界の艦船、p. 43。
  3. ^ 戦史叢書88巻、p. 18。
  4. ^ 戦史叢書88巻、p. 95。

関連項目[編集]