韋国清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韋 国清
Weiguoqing.jpg
上将韋国清
生誕 1913年9月2日
広西省 東蘭県
死没 1989年6月14日
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1931 -
最終階級 上将
テンプレートを表示
韋国清
職業: 軍人
各種表記
繁体字 韋國清
簡体字 韦国清
和名表記: い こくせい
テンプレートを表示

韋 国清(い こくせい、1913年9月2日 - 1989年6月14日)は、中華人民共和国の軍人、政治家。中国人民解放軍総政治部主任、中国共産党中央政治局委員などを務めた。最終階級は上将チワン族出身。

経歴[編集]

1929年、中国共産主義青年団に加入し、同年夏に農民赤衛軍に加わり、12月に百色起義に参加[1]。紅軍第7軍に編入[1]。1931年、中国共産党に入党。1931年7月、転戦しながら北上して中央革命根拠地に到達し、中国工農紅軍第7軍排(小隊)長、連(中隊)長を歴任[1]。1932年、瑞金中央軍事政治学校に入学[1]。卒業後も同校に留まり、連長や軍事教員を務めた[1]。1933年10月、特科学校工兵営政治委員[1]。第3次から第5次までの反囲剿作戦に参加[1]。1934年10月、軍事委員会幹部団第4営(特科営)営長に任命され、長征に参加[1][2]。中央紅軍と紅軍第4方面軍が合流すると、紅軍大学特科団代理団長[3]。1935年10月、紅軍学校軍事営(営長:陳士榘中国語版)政治委員[4]。1936年11月、

日中戦争時、八路軍総部随営学校校長、中国人民抗日軍政大学第一分校訓練部部長、副校長、山東縦隊隴海南進支隊政治委員、新四軍第3師第9旅政治委員、旅長、第4師副師長を歴任。

国共内戦時、華東野戦軍第2縦隊司令員兼政治委員、蘇北兵団司令員、第3野戦軍第10兵団政治委員。

中華人民共和国建国後は、駐ベトナム軍事顧問団団長、広西省省長、公安軍副司令員、中共広西壮族自治区委員会第一書記、自治区人民委員会主席、自治区政治協商会議主席、広西軍区第一政治委員、中共中央中南局第二書記、中共広東省委員会第一書記、広州軍区第一政治委員、中国人民解放軍総政治部主任、中国共産党中央軍事委員会副秘書長を歴任。1955年、上将の階級を授与。

第1回、第2回[5]、第3回国防委員会委員[6]、第1回全人大常務委員、第4回[7]、第5回[8]、第6回[9]、第7回全人大常務委員会副委員長[10]、第4回、第5回全国政協副主席、中国共産党第8回候補中央委員[11]、中央委員[12]、第9回中央委員[13]、第10回[14]、第11回[15]、第12回中央政治局委員[16]

1989年6月14日、死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 王 2000, p. 61.
  2. ^ 袁偉 2001, p. 381.
  3. ^ 王 2000, p. 62.
  4. ^ 袁偉 2001, p. 388.
  5. ^ 中華人民共和国主席令(二届第3号) (中国語)
  6. ^ 中華人民共和国主席令(三届第3号) (中国語)
  7. ^ 第四届全国人民代表大会第一次会議簡況 (中国語)
  8. ^ 第五届全国人民代表大会第一次会議簡況 (中国語)
  9. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(六届一次第2号) (中国語)
  10. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(七届一次第2号) (中国語)
  11. ^ 中国共産党第八届中央委員会委員和候補委員名単 (中国語)
  12. ^ 中国共産党八届十一中全会簡介 (中国語)
  13. ^ 中国共産党第九届中央委員会委員和候補委員名単 (中国語)
  14. ^ 中国共産党第十届中央委员会第一次全体会議公報 (中国語)
  15. ^ 中国共産党第十一届中央委員会第一次全体会議新聞公報 (中国語)
  16. ^ 第十二届中央委員会第一次全体会議公報(第一号) (中国語)

参考[編集]

  • 袁伟,张卓 主編 (2001). 中国军校发展史. 国防大学出版社. ISBN 7-5626-1089-4. 
  • 王健英 (2000). 中国红军人物志. 広東人民出版社. ISBN 7-218-03199-4. 


 People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg中国人民解放軍
先代:
張春橋
総政治部主任
1977年 - 1982年
次代:
余秋里