韓アク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「韓偓」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

韓 偓(かん あく、844年会昌4年) - 923年龍徳3年))は、中国代末期の詩人。は致堯。一説には致光、致元とも。京兆府万年県の人。母は李商隠の妻の姉妹。

略歴[編集]

韓瞻の子として生まれた。龍紀元年(889年進士に及第。左拾遺、諫議大夫などを経て兵部侍郎、翰林学士承旨にまで昇進。唐末の混乱期にあって王室に忠誠をつくし、昭宗に信頼された。しかし、時の権力者でのちに帝位を奪った朱全忠に憎まれ、その後地方の小官(県令・司馬)に左遷された。そして王審知の庇護を受けるようになってその地で生涯を終えた。

後世に香奩体(こうれんたい)と呼ばれた女性関連の官能的な表現を用いた詩を集めた『香奩集』があり、それ以外の官人としての詩作品は『韓内翰別集』としてまとめられており、韓偓の詩は二つの側面がある。

参考文献[編集]

  • 川合康三(編訳) 『新編 中国名詩選(下)』 岩波書店、2015年、214-216頁。ISBN 978-4-00-370003-7。