韓国における外国人参政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

韓国における外国人参政権について本項で解説する。外国人参政権とは、その国の国籍を有しない外国人に付与される参政権を指す。2005年以降、韓国では、厳しい条件をクリアした極少数の在住外国人に対してのみ参政権を付与している。

経緯[編集]

韓国では永住資格(F-5)を獲得して3年以上が経過した19歳以上の外国人に限って地方参政権のみを付与している(国政参政権は付与せず)。2005年7月の済州道における住民投票が、永住資格保有者の参政権を認める初の例となった。

外国人有権者には政党加入、政治資金の寄付が禁止され、基本的に投票行為以外の選挙運動は禁止されており[1]、違反した場合は3年以下の懲役刑が科せられることとなっている[2]

日本での在日韓国人参政権獲得運動の進展が見られないため、これへの支援として韓国での外国人参政権付与が検討されてきたといわれる[1]。また、付与対象外国人有権者数は内国人有権者の0.05%であり、選挙結果に何も影響しないとの思惑もあった[1]

韓国の金大中大統領は1999年以降外国人参政権付与を目指したが、当時韓国では永住資格制度もまだ整っておらず(2002年から)時期尚早であり、また、日帝残滓である在日問題と国内問題を同一線上で捉えることへの反発など国民世論も収斂しておらず韓国国内で廃案となった。この後、金大中のノーベル平和賞受賞の趣旨を後押しする目的で再推進され[1]、2005年6月に盧武鉉政権下で「永住外国人に対する外国人地方参政権付与法案」が可決された。

主な当事者である華僑からの要求が表面化しない中で付与が決定されたが、在日韓国人支援の名分がなければ成立したかは疑問であるとされる[1]。またそれ以外にも、韓国は日本よりもナショナリズムが強く排外的な国なので、思い切って地方参政権を開放した(文喜相ウリ党党首)、激しく華僑を差別してきた国で真の民主化を達成するには外国人の人権保障を進めなければならず、地方参政権付与はその象徴である(民主労働党議員)といった意見が述べられている[3]

要件[編集]

韓国で外国人が地方参政権を獲得するには必ず永住資格を取得する必要があるが、韓国政府は永住資格を外国人に付与するに当たって極めて厳格な要件を課している。また当該外国人がこの要件を満たしていても、その外国人の思想信条が韓国の国益に合致しない場合は、最終的な「法務部長官の許可」を根拠に実際は永住資格が付与されないことがある。

韓国での永住資格取得には、韓国人の一人当たり国民総所得の4倍の年間所得6500万ウォン以上の所得[4]、7年以上滞在して居住資格(F-2)を獲得した後、さらに5年滞在し、かつ韓国人の1人当り国民所得以上の収入があること[5]、博士学位取得者など極めて高度の条件を課している。特に東南アジアからの移住労動者には厳しい条件とされる。

また、韓国人や永住者の配偶者として永住権を申請する場合も3000万ウォン以上の財産関係立証書類の提出を要求される。ただし、大韓民国政府樹立以前に入国した在韓華僑とその直系卑属、及び2002年4月18日以前に居住資格を取得した韓国人の日本人妻は、身元保証及び財産関係立証書類の提出が免除される[6]

韓国における外国人参政権付与の要件は「19歳以上で永住資格取得後3年以上が経過」とされるが、韓国永住資格(F-5)取得には、以下のいずれかの条件を満たすことが必要で、韓国人の配偶者や20歳未満の子供以外の外国人には、極めて厳格なハードルが課せられている。特に最大の懸念は、「韓国の一人当たり国民総所得(GNI)の4倍」と規定された高収入者条件である[7][8]。2005年基準では、年収15,830米ドルの4倍である年収63,320米ドルが外国人に必要とされ、同年の日本の一人当たりGNIは、38,980米ドルであった[9]。2006年5月31日の韓国統一地方選挙の時点で、在韓日本人のうち有権者数は51人であり[10]、これは当時の在韓日本人永住者1622人のうち3.144%にあたる。有権者51人のうち9割以上が韓国人と結婚したことで永住資格を得た日本人女性であった。

韓国の永住資格付与条件[編集]

以下、韓国の永住資格付与条件を記す[7]。下記項目を満たしていても、外国人の思想信条が韓国の国益に合致しない場合は、最終的な「法務部長官の許可」を根拠に、実際は永住資格が付与されないことがある。

  1. 200万米ドル以上を投資した外国人投資家として、韓国国民を5人以上雇った外国人。
  2. 50万米ドル以上を投資した外国人で、企業投資(D-8)の資格で、3年以上韓国国内に継続して滞在しながら、韓国国民を3人以上を雇った外国人。
  3. 法務部長官が定める先端技術分野の博士学位証明書を所持する者で、永住(F-5)の資格申請時に韓国内企業に雇用され、法務部長官が定める金額(韓国の国民一人当たりGNIの4倍)以上の賃金を受ける外国人。
  4. 法務部長官が定める先端技術分野の学士号以上の学位証明書、または法務部長官が定める先端技術資格を所持する者であって、韓国滞在期間が3年以上で、永住(F-5)の資格申請時に韓国国内企業に雇用され、法務部長官が定める金額(韓国の国民一人当たりGNIの4倍)以上の賃金を受ける外国人。
  5. 科学分野で、一定の論文引用頻度や受賞歴があり、科学技術部長官の推薦を受けた外国人。
  6. 経営分野で、常時勤労者数300人以上、及び資本金80億ウォンを超過する内外企業の常勤理事や相談職を勤めている者で、大韓商工会議所長、大韓貿易投資振興公社長または全国経済人連合会長の推薦を受けた外国人。または、世界有数の経済誌(FORTUNE等)が選定した最近3年以内の世界トップ500企業で、店長や経営幹部として1年以上勤務した経歴を持っている者のうち、韓国国内の支社などで役員として勤務している外国人。
  7. 教育分野で、論文の引用程度、又は研究実績によって、教育部長官の推薦を受けた外国人。
  8. 文化芸術分野で、国際的に名声のある芸術家、監督、声楽家等として、文化観光部長官の推薦を受けた外国人 。
  9. 体育分野で、オリンピック、世界選手権大会、アジア競技大会、またはこれと同等な水準の大会で、銅メダル以上の賞を受賞した選手と、その指導者の外国人、ワールドカップサッカー大会で16位以上の成績をおさめた選手と、その指導者のうち、文化観光部長官の推薦を受けた外国人。
  10. 勲章などを受けた韓国の独立や発展に特別に功労があった者で、法務部長官が認める外国人。
  11. 聖職者として社会福祉活動に顕著に貢献し、韓国に特別な貢献があると法務部長官が認める外国人。
  12. 韓国国外からの年金を受ける60歳以上の者であって、年間の年金額が法務部長官が定める金額(韓国の国民一人当たりGNIの2倍)を超える外国人。
  13. 大韓民国民法によって成人で、本人または同伴の家族が生活を維持する能力があり、素行に問題がなく、韓国に継続居住するのに必要な基本的な素養を備えるなど、法務部長官が定める条件を満たした者で、駐在(D-7)、企業投資(D-8)、貿易経営(D-9)、教授(E-1)、会話指導(E-2)、研究(E-3)、技術指導(E-4)、専門職業(E-5)、特定活動(E-7)、居住(F-2)の資格で、5年以上韓国に滞在している外国人。
  14. 永住(F-5)の資格を持つ者の配偶者や未成年の子供として、韓国に2年以上滞在している者であって、韓国に必要があると認められる外国人。

その他の制限[編集]

その他の韓国における永住外国人に対する制限として、政党に加入することはできない[1]、政治資金の寄付禁止[1]、投票行為以外の選挙運動の禁止[1]などがある。

韓国における外国人参政権付与対象者の実数と実状[編集]

2006年[編集]

2010年韓国統一地方選挙における外国人有権者の地方行政区画別分布

2006年5月31日の第4回韓国統一地方選挙の時点で、韓国に居住する約20万人の外国人のうち6726人に選挙権が与えられ、内訳は中国大陸籍5人、台湾籍6511人、日本籍51人、米国籍8人、ドイツ籍2人、マレーシア籍1人、アイルランド籍1人などとなっている[11][12]。なお、在韓日本人有権者のうち9割以上が韓国人と結婚した日本人女性である。これは当時の在韓日本人永住者1622人のうち3.144%にあたる[13]

また、東南アジアからの移住労動者80万名のうち、投票権を得たのは11人だった[5]

2010年[編集]

2010年6月2日に実施された第5回韓国統一地方選挙で投票権を持つ外国人は2006年に比べ11680人に倍増し、成人年齢19歳以上の地方選挙有権者3876万人の0.030%となった[4]。外国人有権者が最も多い地域はソウル市の3400人で、以下、京畿道1600人、台湾華僑の多い仁川広域市1400人、釜山広域市850人、江原道590人[14]全羅南道550人、忠清南道500人、忠清北道460人、全羅北道410人、大邱広域市430人となっている[4][12]

日本への要請[編集]

韓国は日本に対し、相互主義として在日韓国人への参政権の付与を求めている。日本では、その非対称性のため「相互主義」そのものが成立しないとする意見や、参政権を付与すべきだとする意見など、議論になっている。

「相互主義」問題[編集]

日韓の憲法上の差[編集]

日韓両国とも憲法第1条で国民主権をうたっているが、大韓民国憲法では第41条で国会議員を、第67条で大統領をそれぞれ秘密選挙により選出するとしているのみで、地方参政権は第118条において法律で定めると規定しているため柔軟な対応が可能であり、また憲法上は地方選挙については秘密投票を保障していない。憲法自体の改正も韓国ではこれまで9回行われている。

一方、日本国憲法では国民主権を実現する上で第15条において公務員の選出・罷免権を幅広い範囲にわたって国民固有の権利と明記し、地方参政権も第93条でその地方公共団体の住民(国民)が直接これを選挙すると規定している。また、日本国憲法第15条では秘密投票権も明記されており、外国人有権者の影響の検証はより困難になっている。

永住者数の格差[編集]

  • 2019年12月末の在日韓国人の永住資格保有者は35万人以上(特別永住者28万1266人・永住者7万2391人)[15]
  • 在韓日本人(長期滞在者と永住者)は2018年(平成30年)で27,821。このうち、永住資格保有者は、2018年(平成30年)では11,957人[16]
  • 韓国では外国人有権者は投票結果に影響をしないと考えられているが、日本では大阪市生野区のように外国人比率が高い地域もある。

永住資格付与条件の格差[編集]

外国人の居住資格に「相互主義」をとる場合、一般永住資格の付与の段階で日本よりも厳しい要件を課す韓国の永住資格付与制度との差が生じる。

なお、日本における参政権付与対象者は、これまで一般に特別永住者が想定されてきた(最高裁判所判決傍論[17]

一般永住者への拡張

外国人地方参政権付与法案を提出している民主党・公明党・日本共産党などの想定においては、一般永住者にまで参政権付与対象者を拡張した。

民主党賛成派議連の2008年提言では、一般永住者にまで参政権付与対象を拡大する理由として「(両者)いずれも、我が国において地域社会の一員として、日本人と同様に生活を営んでおり、その点において本質的な差異はない」と住民権(市民権)を模範にした[18]。これについては、市民権についての誤解があるという批判があり、参政権付与の根拠とされる傍論作成に関与した元最高裁判事園部逸夫は「ありえない」と批判している。

その後、2008年、民主党内の反対派議員によって同年5月に諮問機関として「永住外国人地方参政権検討委員会」を設置し、外国人参政権の取り扱いについて議論を行った[19]結果、2009年5月鳩山由紀夫民主党代表は「個人的には前向きに考えるべきだと思うが、党内で結論が出ている状況ではない」として第45回衆議院総選挙マニフェストへの記載を見送りした。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 鄭印燮「第4章 韓国における外国人参政権―その実現過程」『日・韓「共生社会」の展望―韓国で実現した外国人地方参政権』田中宏金敬得編、新幹社、2006年、44-56頁。ISBN 978-4884000448。
  2. ^ “外国人の選挙権導入は憲法に違反する”. 読売新聞. (2010年2月15日). http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20100215.htm 2010年2月20日閲覧。 
  3. ^ 田中宏「あとがき」『日・韓「共生社会」の展望―韓国で実現した外国人地方参政権』田中宏、金敬得編、新幹社、2006年、100-102頁。ISBN 978-4884000448。
  4. ^ a b c 6月の韓国統一地方選、外国人1万1680人が投票, 統一日報, 2010年03月10日.
  5. ^ a b (朝鮮語) 지방선거…외국인 투표는 '화교'만 해라?, PRESSian, 2006-05-19.
  6. ^ (朝鮮語) 영주(F-5) ― 국민 또는 영주(F-5)자격을 가진 자의 배우자 등, 大韓民国法務部出入国管理局, 2007.02.22.
  7. ^ a b 韓国入国管理局 永住資格
  8. ^ 지방선거…외국인 투표는 '화교'만 해라?(地方選挙…外国人投票は '華僑'ばかりしなさい?)2006年5月19日 PRESSian
  9. ^ 1人あたりの国民総所得(GNI)の多い国 外務省
  10. ^ 韓国:アジア初の外国人参政権 統一地方選で毎日新聞2006年5月27日
  11. ^ 韓国地方選挙:中国人も初投票、中華街に候補者, サーチナ, 2006/06/01.
  12. ^ a b (朝鮮語) 외국인 100만명시대…지방선거 1만명 참여, 連合ニュース/中央日報, 2010.03.01.
  13. ^ 韓国:アジア初の外国人参政権 統一地方選で毎日新聞2006年5月27日[リンク切れ]
  14. ^ 人口比で外国人有権者が釜山に次いで江原道に多いのは、嫁不足のために国際結婚で嫁いで来た人が多いため。
  15. ^ 【令和元年末現在】公表資料”. 法務省. 2020年3月29日閲覧。
  16. ^ 在韓日本人:平成30年の海外在留邦人数調査統計, 外務省.
  17. ^ 園部発言参照
  18. ^ 提言pdf
  19. ^ 「永住外国人地方参政権検討委員会」の設置と民主党環境シンポジウムの開催を決定

参考文献[編集]

  • 長尾一紘『外国人の参政権』(世界思想社)
  • 『日・韓「共生社会」の展望―韓国で実現した外国人地方参政権』 田中宏、金敬得編、新幹社、2006年、