韓国空港公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
韓国空港公社
Korea Airports Corporation
略称 KAC
本社所在地 韓国の旗 韓国
157-711
ソウル特別市江西区
設立 2002年3月2日[1]
業種 航空運送支援サービス業
事業内容 空港施設管理
代表者 成始喆
売上高 485,397,000,000ウォン(2010)
営業利益 62,270,000,000ウォン(2010)
純利益 57,654,000,000ウォン(2010)
純資産 2,397,676,000,000ウォン(2010)
総資産 2,630,179,000,000ウォン(2010)
決算期 12月
主要株主 企画財政部長官、国土海洋部長官
外部リンク http://www.airport.co.kr
テンプレートを表示

韓国空港公社(かんこくくうこうこうしゃ、韓国語: 한국공항공사英語: Korea Airports Corporation)は、仁川国際空港を除く韓国内各空港の運営を主要業務とする大韓民国の企業である。(仁川国際空港の運営は、仁川国際空港公社である)

組織[編集]

  • 戦略企画本部
  • 運営支援本部
  • 施設安全本部
  • ソウル地域本部
  • 釜山地域本部
  • 済州地域本部
  • 大邱支社
  • 蔚山支社
  • 清州支社
  • 務安支社
  • 光州支社
  • 麗水支社
  • 襄陽支社
  • 浦項支社
  • 泗川支社
  • 群山支社
  • 原州支社

年表[編集]

  • 1980年 国際空港管理公団設立、金浦国際空港運営開始。
  • 1983年 金海国際空港運営開始。
  • 1985年 済州国際空港運営開始。
  • 1990年 韓国空港管理公団に改称、地方飛行場9箇所運営開始。
  • 1991年 韓国空港公団に改称。
  • 1992年 木浦支社、群山支社設立。
  • 1997年 清州支社、原州支社設立。
  • 2002年 韓国空港公社設立。
  • 2002年 束草支社、江陵支社廃止・襄陽支社設立。
  • 2005年 醴泉支社廃止。
  • 2007年 木浦支社廃止・務安支社設立。
  • 2010年 蔚珍飛行場運営開始。

脚注[編集]

[ヘルプ]