韓国観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韓国観
監督 福井繁一
出演者 伊藤博文
純宗
撮影 福井繁一
編集 福井繁一
製作会社 横田商会
配給 横田商会
公開 日本の旗 1908年6月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

韓国観[1](かんこくかん)は、1908年(明治41年)製作・公開、横田商会製作・配給による日本のサイレント映画ドキュメンタリー映画である。別題『韓国一週』(かんこくいっしゅう)[2]

略歴・概要[編集]

横田商会は現在の日活の前身の一社であり、京都を拠点とし、映画の製作配給を行っていた商社である。1905年(明治38年)ころから同社で撮影や現像を行っていた技士の土屋常吉が同社を去り、土屋の甥であり弟子であった福井繁一が、土屋の仕事を引き継いだ[1]。1908年(明治41年)、伊藤博文大韓帝国第2代皇帝の純宗とともに朝鮮を一周するに際し、韓国統監府機関紙京城日報からの依頼で福井が撮影したドキュメンタリー映画が、本作である[1]

本作は、同年6月1日、東京・神田の横田商会特約館・錦輝館で公開された[1]

本作の上映用プリントは、現在、東京国立近代美術館フィルムセンターには所蔵されておらず[3]マツダ映画社はそのリストに本作の題名が見当たらない[4]。現時点では、鑑賞することの不可能な作品である。

作品データ・キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d 日本映画発達史 I 活動写真時代』 、田中純一郎中公文庫、1975年12月10日 ISBN 4122002850, p.144-145.
  2. ^ 韓国観 (韓国一週)、日本映画データベース、2010年3月15日閲覧。
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年3月15日閲覧。
  4. ^ 主な所蔵リスト 劇映画=邦画篇マツダ映画社、2010年3月15日閲覧。