韓国鉄道公社391000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韓国鉄道公社391000系電車
始興市庁駅に進入する39107編成
始興市庁駅に進入する39107編成
基本情報
運用者 韓国鉄道公社
製造所 現代ロテム
製造年 2017年 (2017) -
製造数 7編成 (28両)
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000 V 50 Hz
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
保安装置 RF-CBTCATS
テンプレートを表示

韓国鉄道公社391000系電車 (かんこくてつどうこうしゃ391000けいでんしゃ) は、西海線での運行のために導入された韓国鉄道公社通勤形車両である。2017年8月17日から11月3日にかけて導入された7編成が運行中である。大谷-素砂線の開業後に10編成が追加導入される予定である。

概要[編集]

制御装置[編集]

371000系電車をベースとしており、シーメンスATP/ATOによるRF-CBTCを採用している。これは韓国鉄道公社の電車としては初のことである。

車内[編集]

乗務設備[編集]

編成[編集]

車両番号 動力配置
3910xx 制御車 (Tc)
3911xx 電動車・パンタグラフ付き (Mp)
3912xx 電動車・パンタグラフ付き (Mp)
3919xx 制御車 (Tc)

運行区間[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]