韓国鉄道公社7600形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
7600形ディーゼル機関車
Korail DEL 7600.jpg
基本情報
運用者 韓国鉄道公社
製造所 GE、現代ロテム
型名 PH37ACi
製造年 2014年
製造数 25両
主要諸元
軸配置 Co'Co'
軌間 1,435 mm
長さ 22,000 mm
2,869 mm
高さ 4,150 mm
機関車重量 132 t
動力伝達方式 電気式
機関 GE PowerHaul P616
制動装置 空気制動および発電制動
保安装置 ATSATP
最高運転速度 150 km/h
設計最高速度 165 km/h
出力 2,750 kW[1]
テンプレートを表示

7600形ディーゼル機関車は、韓国鉄道公社が2014年から投入した電気式ディーゼル機関車である。アメリカのGE社の輸出専用機種であるPowerHaulと呼ばれるモデルを、現代ロテムライセンス生産するという形で製作された。

投入背景[編集]

大韓民国鉄道庁は、1970年代から710072007500の各形式のディーゼル機関車を、また2000年代に入り73007400形のディーゼル機関車を順次投入してきた。このうち、1970年代に投入された車両は、老朽化で運用が中止されたり、廃車になるなどしたが、貨物輸送に必要な車両数が減少するという困難に直面していた。そのため、韓国鉄道公社はVVVFインバーターを利用した電気式ディーゼル機関車を新規投入することにした。2014年6月16日より同年9月までの間に、7601号機~7609号機と、7611号機~7625号機の計24両が営業運転を開始しており、また7610号機は、旌善アリラン遊覧列車専用となる予定である。

仕様[編集]

大韓民国の特大型ディーゼル機関車は、従来はEMD社からの輸入またはそのライセンス生産となっていたが、7600形ディーゼル機関車は大韓民国で初のGEブランドの機関車として投入されたものである。GEからイギリス・トルコ・オーストラリアなどに輸出されたPowerHaulモデルの機関車と同級のものが、大韓民国の事情にあわせて製作された。

制御方式[編集]

従前の特大型ディーゼル機関車は、エンジンに直結された発電機から得られた電力により、6台の直流直巻電動機の結線を直列・並列に切り替えることで速度を制御していたが、この7600形では効率が優れた交流誘導電動機を使用するためにVVVFインバーターを採用した。発電された電力はインバーターを通じて三相交流に変換され、誘導電動機を駆動させる。PowerHaulモデルは従来の同等の機関車に比し、9%の燃料節減効果があり、発電制動の性能も向上した。

エンジン[編集]

既存の特大型機関車が採用してきた2行程のEMD 645形エンジンに代わり、4行程のインタークーラーつき過給機を備えたディーゼルエンジンを本格的に採用した。このエンジンはユーロ3aクラスの排出ガス規制基準を満たしている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GE Powerhaul (英語)