韓徳勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韓徳勤
No image available.svg
プロフィール
出生: 1892年10月8日
光緒18年8月18日)[1]
死去: 1988年民国77年)8月15日
 台湾台北市
出身地: 清の旗 江蘇省淮安府桃源県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 韓德勤
簡体字 韩德勤
拼音 Hán Déqín
和名表記: かん とくきん
発音転記: ハン ドゥーチン
ラテン字 Han To-ch'in
テンプレートを表示

韓 徳勤(かん とくきん)は中華民国台湾)の軍人。国民革命軍の軍人で顧祝同の腹心と目され、北伐中国共産党討伐、日中戦争国共内戦などで前線指揮をとった。楚箴

事跡[編集]

顧祝同の腹心[編集]

1909年宣統元年)、江蘇陸軍小学第4期生として入学する。1911年(宣統3年)、辛亥革命が勃発すると、革命派の北伐軍先遣支隊司令部に配属され、後に爆弾隊(炸爆隊)隊員となっている。中華民国成立後に復学・卒業、さらに武昌陸軍第2予備学校に進学し、1916年民国5年)にこれを卒業した。その翌年には保定陸軍軍官学校へ進学し、1919年(民国8年)2月に第6期歩兵科を卒業している。[2][3][4]

卒業後の当初は北京政府側の長江上遊総司令部に所属したが、1926年(民国15年)に広東省へ赴いて国民革命軍に属した。北伐に際して韓は国民革命軍第3師上校参謀長に任ぜられ、以後、同師師長顧祝同の腹心と目されるようになる。韓はその後も第9軍少将参謀長、第3師副師長と歴任し、北伐に従軍した。北伐完了後の軍縮に伴い第2師第5旅副旅長へ移ったが、まもなく第3師第7旅旅長に転じる。中原大戦が勃発した1930年(民国19年)までに、新編第3旅旅長、第52師副師長、同師師長と昇進した。[2][3][5]

紅軍掃討、日中戦争前期[編集]

1931年(民国20年)1月、韓徳勤は南昌衛戍司令を兼任し、江西省で第3次中国共産党討伐に従事したが、敗戦の末に一時は捕虜とされ、辛うじて脱走するなどした。しかしその後も共産党包囲に従事するため、江蘇省政府委員、同省保安処処長、贛粤閩湘鄂剿匪軍北路軍総司令部総参議を歴任している。1935年(民国24年)7月、長征に出た紅軍追撃のため貴州省政府委員に転じ、11月、軍事委員会委員長重慶行営弁公庁庁長を兼ねた。[2][3][6]

1937年(民国26年)初、韓徳勤は顧祝同が主任を務める西安行営で弁公庁庁長に就任した。同年8月、日中戦争(抗日戦争)が勃発すると、顧と共に上海方面の前線に赴き、顧は第3戦区副司令長官に、韓は同部参謀長にそれぞれ転じている。11月、江蘇省政府の改組に伴い、顧は江蘇省政府主席、韓は省政府民政庁庁長にそれぞれ就任したが、韓が主席代理を務めた。翌1938年(民国27年)1月、第24集団軍副総司令兼第89軍軍長として江蘇省北部の防衛に当たる。[2][3][7]

日中戦争後期から国共内戦、晩年[編集]

1939年(民国28年)初に、魯蘇戦区が成立し、韓徳勤は同戦区副総司令となった。10月、顧祝同の後任として、韓は正式に江蘇省政府主席兼全省保安司令に就任している。1940年(民国29年)、第2次国共合作の最中でありながら、韓は自らの後任として第89軍軍長となっていた李守維に命じ新四軍を密かに攻撃させた。しかし新四軍の反撃の前に大敗、李が戦死するという結果に終わっている。その後も度々共産党に戦闘を仕掛けては敗北し、1943年(民国32年)3月には陳毅に大敗、韓自身が捕虜とされる有様であった(まもなく韓は陳の判断で釈放された)。[8]1945年(民国34年)1月、韓は江蘇省政府主席の地位から免ぜられ、第3戦区副司令長官に転じた。[2][3][9]

国共内戦期に入った1946年(民国35年)6月、韓徳勤は徐州綏靖公署副主任に任ぜられ、翌年、陸軍総司令部徐州司令部(後に剿匪総司令部と改組)副総司令となった。しかし内戦では中国人民解放軍に敗退し、1949年(民国38年)5月、台湾に逃れている。台湾では中華民国総統府戦略顧問を務め、1952年(民国41年)10月に退役した。晩年は教育・社会事業に従事している。1988年(民国77年)8月15日、台北市にて病没。享年97(満95歳)。[2][10][11]

[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、2662頁と李(1999)、556頁による。劉国銘主編(2005)、2272頁は、同年10月26日(光緒18年9月初6日)としている。
  2. ^ a b c d e f 徐主編(2007)、2662頁。
  3. ^ a b c d e 劉国銘主編(2005)、2272頁。
  4. ^ 李(1999)、556頁。
  5. ^ 李(1999)、557-558頁。
  6. ^ 李(1999)、558-559頁。
  7. ^ 李(1999)、559-560頁。
  8. ^ 李(1999)、567頁。
  9. ^ 李(1999)、560-568頁。
  10. ^ 劉国銘主編(2005)、2272-2273頁。
  11. ^ 李(1999)、568-569頁。

参考文献[編集]

  • 李直「韓徳勤」『民国高級将領列伝 5』 解放軍出版社、1999年。ISBN 7-5065-1494-X。
  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年。ISBN 7-80214-039-0。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗中華民国国民政府
先代:
顧祝同
江蘇省政府主席
1939年10月 - 1945年1月
次代:
王懋功