韮山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
韮山駅*
Nirayama-Sta.jpg
駅舎
にらやま
Nirayama
IS07 原木 (1.3 km)
(1.6 km) 伊豆長岡 IS09
所在地 静岡県伊豆の国市四日町747番地の1
駅番号 IS08
所属事業者 伊豆箱根鉄道
所属路線 駿豆線
キロ程 9.8 km(三島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,467人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1900年明治33年)8月5日
* 1919年大正8年)5月25日 北條駅から改称
テンプレートを表示
駅構内を三島側の踏切から見たところ

韮山駅(にらやまえき)は、静岡県伊豆の国市四日町にある、伊豆箱根鉄道駿豆線である。駅番号IS08

歴史[編集]

  • 1900年明治33年)8月5日 - 北條駅として開業。
  • 1919年大正8年)5月25日 - 韮山駅に改称。
  • 2015年平成27年)10月1日 - 出札窓口における定期券取扱を終了。また駅員配置時間帯が見直され、6時45分から21時45分までに短縮。
  • 2019年令和元年)10月1日 - 出札窓口を廃止。駅員配置時間帯を7時00分から8時30分までに短縮[1]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎は2番線ホームに面しており、1番線ホームとのアクセスには構内踏切を使用する。

現在は7時00分から8時30分までの間に限り集札を行う駅員が配置される。それ以外の時間帯は無人となる。駅員配置時間帯のみ、発車時には駿豆線内で使用されているアロー株式会社製の発車ベル・発車メロディーが鳴る。

のりば[編集]

1 IS 駿豆線 (下り) 修善寺方面
2 IS 駿豆線 (上り) 三島方面
(下り) 修善寺方面※

※当駅で列車交換を行わない場合、下り普通列車は2番線から発車する。これは構内踏切の遮断を避けるためである。

利用状況[編集]

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員1,467人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度別1日平均乗車人員
年度 1日平均
乗車人員
出典
1993年(平成05年) 2,386 [* 1]
1994年(平成06年) 2,339 [* 2]
1995年(平成07年) 2,308 [* 3]
1996年(平成08年) 2,251 [* 4]
1997年(平成09年) 2,120 [* 5]
1998年(平成10年) 2,131 [* 6]
1999年(平成11年) 2,049 [* 7]
2000年(平成12年) 1,934 [* 8]
2001年(平成13年) 1,845 [* 9]
2002年(平成14年) 1,831 [* 10]
2003年(平成15年) 1,842 [* 11]
2004年(平成16年) 1,697 [* 12]
2005年(平成17年) 1,686 [* 13]
2006年(平成18年) 1,681 [* 14]
2007年(平成19年) 1,692 [* 15]
2008年(平成20年) 1,660 [* 16]
2009年(平成21年) 1,560 [* 17]
2010年(平成22年) 1,512 [* 18]
2011年(平成23年) 1,489 [* 19]
2012年(平成24年) 1,508 [* 20]
2013年(平成25年) 1,558 [* 21]
2014年(平成26年) 1,508 [* 22]
2015年(平成27年) 1,535 [* 23]
2016年(平成28年) 1,480 [* 24]
2017年(平成29年) 1,466 [* 25]
2018年(平成30年) 1,451 [* 26]
2019年(令和元年) 1,467 [* 27]

駅周辺[編集]

世界遺産で国の史跡でもある韮山反射炉は当駅ではなく、隣の伊豆長岡駅が最寄りである。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
韮山駅     江馬 千代田団地 伊豆箱根バス
    韮山高校前・多田 富士美幼稚園 東海バスオレンジシャトル 登校日1本運行
  韮山高校前・多田 奈古谷温泉口 東海バスオレンジシャトル 登校日運行
  韮高前 江川邸 伊豆箱根バス 平日土曜運行

隣の駅[編集]

伊豆箱根鉄道
IS 駿豆線
特急「踊り子
通過
普通
原木駅 (IS07) - 韮山駅 (IS08) - 伊豆長岡駅 (IS09)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

利用状況[編集]

静岡県統計年鑑

関連項目[編集]