音くり寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

音 くり寿(おと くりす、12月18日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

埼玉県さいたま市[1]昭和女子大学附属昭和中学校出身[1]。身長160cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「くり」、「くりす」[1]

来歴[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[3]。入団時の成績は2番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1]

2015年、組まわりを経て花組に配属[3]

2016年、「ME AND MY GIRL」で、城妃美伶とダブルキャストで新人公演初ヒロイン[4][5][6]。入団3年目での抜擢となった[6]

2017年、「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、朝月希和と東上公演ダブルヒロイン[7]

2018年、「蘭陵王」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、東上公演単独初ヒロイン[8][9]

人物[編集]

幼い頃から、宝塚をはじめ様々な舞台を観る機会に恵まれ、舞台人に憧れていた[2]

2000年雪組公演「バッカスと呼ばれた男華麗なる千拍子」を、TAKARAZUKA1000days劇場で初観劇[2]

中学3年の時、「宝塚の舞台に立ちたい」と強く思い、家族に決意を伝え、音楽学校受験に臨んだ[2]

憧れの上級生は花總まり[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

  • 2015年3〜6月、『カリスタの海に抱かれて』 - 新人公演:少年ロベルト(本役:真鳳つぐみ)『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』
  • 2015年7〜8月、『スターダム』(バウホール) - セーラ
  • 2015年10〜12月、『新源氏物語』 - あきつ、新人公演:若紫(本役:春妃うらら)、代役:雲井の雁(本役:城妃美伶[10]『Melodia-熱く美しき旋律-』
  • 2016年2〜3月、『Ernest in Love』(梅田芸術劇場中日劇場) - ロンドン市民(1幕)、農民・メイド(2幕)/セシリイ・カデュー(城妃美伶と役替わり)
  • 2016年4〜7月、『ME AND MY GIRL』 - 新人公演:サリー・スミス(本役:花乃まりあ)(宝塚大劇場2幕、東京宝塚劇場1幕) 新人公演初ヒロイン[4][5][6]
  • 2016年9月、『仮面のロマネスク』 - セシル・ブランシャール『Melodia-熱く美しき旋律-』(全国ツアー)
  • 2016年11〜2017年2月、『雪華抄(せっかしょう)』 - カゲソロ『金色(こんじき)の砂漠』 - 第三王女シャラデハ、新人公演:タルハーミネ(幼少)(本役:花乃まりあ)
  • 2017年3〜4月、『MY HERO』(TBS赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ) - マイラ・パーカー 東上Wヒロイン[7]
  • 2017年6〜8月、『邪馬台国の風』 - イヨ、娘、新人公演:大巫女(本役:美穂圭子)『Santé!!〜最高級ワインをあなたに〜』
  • 2017年10月、『ハンナのお花屋さん-Hanna's Florist-』(TBS赤坂ACTシアター) - アナベル
  • 2018年1〜3月、『ポーの一族』 - ディリー、新人公演:マーゴット(本役:城妃美伶)
  • 2018年5月、『あかねさす紫の花』 - 十市皇女『Sante!!〜最高級ワインをあなたに〜』(博多座
  • 2018年7〜10月、『MESSIAH(メサイア)-異聞・天草四郎-』 - 弥一、新人公演:咲(本役:城妃美伶)『BEAUTIFUL GARDEN-百花繚乱-』
  • 2018年11〜12月、『蘭陵王(らんりょうおう)-美しすぎる武将-』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場) - 洛妃 東上ヒロイン[8][9]
  • 2019年2〜4月、『CASANOVA』 - ベネラ、新人公演:ダニエラ(本役:桜咲彩花初エトワール
  • 2019年6〜7月、『花より男子』(TBS赤坂ACTシアター) - 三条桜子
  • 2019年6月、『恋スルARENA』(横浜アリーナ) ※6/26のみ特別出演
  • 2019年8〜11月、『A Fairy Tale-青い薔薇の精-』 - プルケ、新人公演:Mysterious Lady(謎の貴婦人)(本役:乙羽映見)『シャルム!』
  • 2020年1月、『マスカレード・ホテル』(シアタードラマシティ・日本青年館) - 片桐瑤子

出演イベント[編集]

  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(ドンブラココーラス)
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、29頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e 「To The Future/宝塚GRAPH 2016年2月号」、宝塚クリエイティブアーツ、2016年、110頁
  3. ^ a b “宝塚100期生の配属決定 3月に初舞台”. 日刊スポーツ. (2015年2月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20150217-1435755.html 2019年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作りスポニチ
  5. ^ a b 優波慧と綺城ひか理が花組新人公演で前後半のW主演”. 日刊スポーツ. 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ a b c 宝塚花組新人公演 珍しい役替わり上演デイリースポーツ
  7. ^ a b 橘涼香 (2017年3月19日). “宝塚歌劇が特撮ヒーローものに挑んだ芹香斗亜東京初主演作品!宝塚花組公演『MY HERO』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1878329.html 2019年10月23日閲覧。 
  8. ^ a b 宝塚専科・凪七瑠海主演「蘭陵王」開幕 上演前の東儀氏生演奏に「感動で鳥肌」デイリースポーツ
  9. ^ a b 宝塚凪七瑠海、美しすぎる武将役で専科異動後初主演日刊スポーツ
  10. ^ 桜咲彩花休演による配役変更で、12/1~10は城妃美伶の代役として雲井の雁役を演じた。