音くり寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

音 くり寿(おと くりす、12月18日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

埼玉県さいたま市[1]昭和女子大学附属昭和中学校出身[1]。身長160cm[1]。血液型B型[2]。愛称は「くり」、「くりす」[1]

来歴[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[3]月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1]

2015年、組まわりを経て花組に配属[3]

2016年、「ME AND MY GIRL」で、城妃美伶とダブルキャストで新人公演初ヒロイン[4][5][6]。入団3年目での抜擢となった[6]

2017年、「MY HERO」(TBS赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、朝月希和と東上公演ダブルヒロイン[7]

2018年、「蘭陵王」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、東上公演単独初ヒロイン[8][9]

人物[編集]

幼い頃から、宝塚をはじめ様々な舞台を観る機会に恵まれ、舞台人に憧れていた[2]

宝塚初観劇は、2000年雪組公演「バッカスと呼ばれた男華麗なる千拍子[2]

中学3年の時、「宝塚の舞台に立ちたい」と強く思い、家族に決意を伝え、音楽学校受験に臨んだ[2]

憧れの上級生は花總まり[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』(ドンブラココーラス)
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、28頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e 『To The Future/宝塚GRAPH 2016年2月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、110頁。
  3. ^ a b “宝塚100期生の配属決定 3月に初舞台”. 日刊スポーツ. (2015年2月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20150217-1435755.html 2019年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作り スポニチAnnex。
  5. ^ a b 優波慧と綺城ひか理が花組新人公演で前後半のW主演”. 日刊スポーツ. 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ a b c 宝塚花組新人公演 珍しい役替わり上演 デイリースポーツ。
  7. ^ a b 橘涼香 (2017年3月19日). “宝塚歌劇が特撮ヒーローものに挑んだ芹香斗亜東京初主演作品!宝塚花組公演『MY HERO』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1878329.html 2019年10月23日閲覧。 
  8. ^ a b 宝塚専科・凪七瑠海主演「蘭陵王」開幕 上演前の東儀氏生演奏に「感動で鳥肌」 デイリースポーツ。
  9. ^ a b 宝塚凪七瑠海、美しすぎる武将役で専科異動後初主演 日刊スポーツ。

注釈[編集]

  1. ^ 桜咲彩花休演による配役変更で、12/1〜10は城妃美伶の代役として雲井の雁役を演じた。
  2. ^ 宝塚大劇場は2幕、東京宝塚劇場は1幕のみ。
  3. ^ 6/26のみ特別出演。