音のソノリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
音のソノリティ
ジャンル ミニ番組
出演者 なし(ナレーションのみ)
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から2010年3月まで
放送期間 2003年10月11日 - 2010年3月27日
放送時間 土曜日 21:54 - 22:00
放送分 6分
2010年4月から
放送期間 2010年4月5日 -
放送時間 日曜日 20:54 - 21:00
放送分 6分

特記事項:
ナレーター:森富美日本テレビアナウンサー)
総放送回数700回(2017年11月19日放送分まで)
テンプレートを表示

音のソノリティ』(おとのソノリティ)とは、2003年10月11日から一部日本テレビ系列で放送されているミニ番組である。正式なタイトルは『音のソノリティ 〜世界でたった一つの音〜』( - せかいでたったひとつのおと)。

電源開発(J-POWER、2018年1月からは提供クレジットが白文字でJ-POWER、ロゴの下に電源開発から、ロゴカラーであるJ-POWER groupに変更となった。)の一社提供

概要[編集]

2003年10月11日に放送開始。日本各地の自然や風土に根付いた音、文化的伝統的な音など、そこでしか聴けない音を紹介していく。番組をジャンル別に再編集したDVDソフト「音のソノリティ ヒーリング・エディション」がバップから発売されている。タイトルとなっている「ソノリティ」とは、フランス語の音楽用語で「共鳴」「音色」等を意味する。

2006年10月28日よりハイビジョン制作へ移行した。

ナレーターは延友陽子が長く務めているが、2005年4月から2007年7月までは山本真純が担当していた(延友のラジオ日本出向のため。山本の産休入りにより、日本テレビに復帰していた延友が再登板)。延友は2012年10月から産休に入ったため、同月14日放送分より森富美が担当となった。

放送開始以来長らく地上波では、一時期読売テレビで放送されたのを除き関東ローカルだったが、2018年4月より一部日本テレビ系列で放送を開始した(読売テレビのみ放送再開)。

前の番組が2時間または3時間の拡大スペシャルの場合、『夢の通り道』と合わせて6分となるため、CMも合わせて3分の放送となる。

放送時間[編集]

  • 日本テレビ:日曜日 20:54 - 21:00
    • 2010年3月27日までは土曜日21:54 - 22:00に放送されていた。
  • BS日テレ:水曜日 20:54 - 21:00(3日遅れ)※全国放送扱い
    • 2012年10月5日から2014年3月28日までは金曜日20:54 - 21:00に放送されていた。
  • 読売テレビ:土曜日 22:54 - 23:00(6日遅れ)
    • 2009年4月から2010年3月までは日曜日20:54 - 21:00に放送されていた。
  • 中京テレビ:土曜日 20:54 - 21:00(6日遅れ)
  • 西日本放送:土曜日 21:54 - 22:00(6日遅れ)
  • ミヤテレ:土曜日 21:54 - 22:00(6日遅れ)
  • 広島テレビ:日曜日 20:54 - 21:00(同時ネット)
  • 札幌テレビ:月曜日 22:54 - 23:00(8日遅れ)
  • 福岡放送:火曜日 22:54 - 23:00(9日遅れ)

ナレーター[編集]

  • 2012.10 - 現在:森富美(日本テレビアナウンサー)
過去のナレーター
  • 2003.10 - 2005.4、2007.7 - 2012.10:延友陽子(日本テレビアナウンサー)
  • 2005.4 - 2007.7:山本真純(日本テレビアナウンサー※当時)
日本テレビ 土曜日21:54 - 22:00枠
前番組 番組名 次番組
音のソノリティ
(2003.10 - 2010.3)
POP KOREA
日本テレビ 日曜日20:54 - 21:00枠
音のソノリティ
(2010.4 - )
-----