音エネルギー流束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

音エネルギー流束(英語: sound energy flux)とは、物体振動により生産されるエネルギーであり、qで表される。音圧pに粒子速度vをかけ、表面積Aで積分することで求められる[1]

音エネルギー流束は、ある面積Aにおける単位時間当たりの音エネルギーの流束の平均速度であり、通常は「音の強さ」と呼ばれる。

密度ρ媒質中の平面波または球面波で、伝播速度vを持ち、面積Aを通り、実効音圧pに相当する音エネルギー流束は、

J = (p2A / ρ v) cos θMofo

で表される。ここで、θは音の伝播方向である。

例えば、空気ρ=1.2kg/m2,v=343m/s,A=1m2,cosθ=1)中で、85デシベルまたは0.356パスカルの音の音エネルギー流束は、0.3mWとなる。

出典[編集]

  1. ^ Landau & Lifshitz, "Fluid Mechanics", Course of Theoretical Physics, Vol. 6