振動音声通信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

振動音声通信(しんどうおんせいつうしん)とは、音声通信する方式の一種である。

概要[編集]

この通信方式による音波は、球面波振動させて伝える。気体固体などの媒体を介して、振動を伝える技術の事である[1][出典無効]。 なお媒体が途中で変わる場合、一部が反射し反響することが多く、減衰させる要因にもなる。

アーキテクチャ[編集]

通信速度[編集]

伝達速度は、およそ340mpsである。

通信距離[編集]

原音の大きさにもよるが、伝達距離は、およそ100mである。

周波数[編集]

音声の周波数帯域は20から20,000Hzの範囲である。

媒体[編集]

酸素、窒素、水溶液、金属など様々な媒体が利用されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古井貞煕著『新音響・音声工学』 2006年 近代科学社 ISBN 978-4764903302