音楽検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

音楽検定(おんがくけんてい)、とはクラシック音楽ポピュラー音楽や日本の伝統音楽まで、ジャンルを問わず幅広く音楽を愛好する人を対象に、音楽能力・音楽知識などについて一定の基準に基づいて評価する検定。通称、「音検」。 2011年度より休止している[1]

概要[編集]

2001年度より、公益社団法人音楽文化創造によって実施される。 CD音源を聴きながら設問に答えていくというユニークな検定方法を採用している。 等級は1級から5級まであり、3級以上は「洋楽系」か「邦楽系」のどちらかの選択受検となる。

受験資格[編集]

制限なし

検定級[編集]

  • 1級-幅広い音楽知識・技能を基に、アマチュアから指導者まで深く音楽に関わっている人
  • 2級-より幅広い音楽体験を有する方や生涯音楽学習を含めたより幅広い音楽の指導を目指す人。 
  • 3級-幅広い音楽体験を有する方や、基礎的な音楽の指導を目指す人。
  • 4級-簡単な楽譜が読めて、楽器や歌の経験が少しある人。
  • 5級-楽器等が演奏できなくても、音楽を聴くことが好きな人。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]