音花ゆり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おとはな ゆり
音花 ゆり
生年月日 12月16日
出身地 日本の旗 日本 兵庫県宝塚市
身長 161cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2015年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 既婚
著名な家族 相武紗季(妹)
事務所 タカラヅカ・ライブ・ネクスト
公式サイト 音花ゆりオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
かもめ
舞台
シカゴ
グレート・ギャツビー
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

音花 ゆり(おとはな ゆり、12月16日[1] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団星組の娘役[2][3][4]

兵庫県宝塚市[1]雲雀丘学園中学校出身[5]。身長161cm[1]。愛称は「ゆり」、「ころ」[5]

タカラヅカ・ライブ・ネクスト所属[1][2]

来歴[編集]

1999年、宝塚音楽学校入学。

2001年、宝塚歌劇団に87期生として入団[1]。入団時の成績は6番[6]宙組公演「ベルサイユのばら2001」で初舞台[3][5]。その後、星組に配属[6]

歌手として頭角を現し、2006年、湖月わたる退団公演となるショー「ネオ・ダンディズム!」で、初のエトワールに抜擢[1][3]。その後も星組を代表する歌姫として、数々の公演でエトワールを務める[1][3][4]

2015年5月10日、柚希礼音夢咲ねねトップコンビ退団公演となる「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][1]。退団公演では7度目となるエトワールを務めた[4]

退団後は舞台を中心に活動していたが、2018年の結婚を機に、芸能活動を一時休止することを発表[7][1]

2020年、第一子を出産したことを自身のインスタグラムで報告した[2][7]

人物[編集]

実妹は同じく女優の相武紗季であり[2][7]、母は宝塚OGの朱穂芽美である[8][4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2001年6月、伊織直加ディナーショー『TABLOID』
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2005年3月、檀れいミュージック・サロン『DAN-ke schön!』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年4月、『星組エンカレッジ・コンサート
  • 2006年9 - 10月、湖月わたるディナーショー『Passion』
  • 2007年7月、『宝塚巴里祭2007』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』(コーラス)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 音花ゆり 公式プロフィール 株式会社タカラヅカ・ライブ・ネクスト。
  2. ^ a b c d 相武紗季の姉・音花ゆりら宝塚歌劇OF6人「-ネクスト」と契約 デイリースポーツ。
  3. ^ a b c d e f g h i Memories of 音花ゆり タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  4. ^ a b c d e 相武紗季、姉妹愛!音花ゆりの記事に大喜び「お姉ちゃんのこと書いてある」 デイリースポーツ。
  5. ^ a b c 『宝塚おとめ 2015年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、103頁。ISBN 978-4-908135-33-0。
  6. ^ a b 100年史(人物), p. 113.
  7. ^ a b c 相武紗季の姉・音花ゆり、第1子を出産「心配なことも沢山ありますが…小さな命を精一杯大切に」 スポーツ報知。
  8. ^ 『母娘・姉妹ジェンヌ一覧/宝塚おとめ 2015年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、71頁。ISBN 978-4-908135-33-0。
  9. ^ 柚希礼音「REON JACK」公開稽古で「私にジャックされたいと思って来て」 ステージナタリー。
  10. ^ 井上芳雄「ギャツビーのためのこれまでだった、と言える作品に」 ステージナタリー。
  11. ^ 彩凪翔が新たなステージへ「アプローズ」上演決定、スペシャルゲストに彩輝なお・水夏希 ステージナタリー。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。