須和田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 千葉県 > 市川市 > 須和田
須和田
—  町丁  —
須和田の位置(千葉県内)
須和田
須和田
須和田の位置
座標: 北緯35度44分18.85秒 東経139度54分54.92秒 / 北緯35.7385694度 東経139.9152556度 / 35.7385694; 139.9152556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Ichikawa, Chiba.svg 市川市
人口 (2017年(平成29年)9月30日現在)[1]
 - 計 5,101人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 272-0825[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野

須和田(すわだ)は千葉県市川市の地名。現行行政地名は須和田一丁目及び須和田二丁目。郵便番号は272-0825[2]

地理[編集]

市川市北部に位置する。地内は主に住宅地として利用される。一丁目には東京外環自動車道が通る。 一丁目に市川須和田郵便局、二丁目に市立第二中学校、市川市立須和田の丘支援学校、須和田公園がある。 東は東菅野宮久保、西は真間、南は菅野、北は国分東国分と接している。

歴史[編集]

かつて中国の文学者、政治家であり、歴史家の郭沫若が、1928年から日中戦争勃発の1937年まで居住していた。その住宅は、真間に移築され市川市郭沫若記念館となっている。

沿革[編集]

  • 1869年(明治2年) - 葛飾県葛飾郡須和田村となる。
  • 1871年(明治4年) - 廃藩置県、県の統合により印旛県葛飾郡須和田村となる。
  • 1873年(明治6年) - 県の統合及び、郡の分割により千葉県東葛飾郡須和田村となる。
  • 1889年(明治22年) - 東葛飾郡国分村、曽谷村、下貝塚村、稲越村と合併し、東葛飾郡五常村大字須和田となる。
  • 1890年(明治23年)5月23日 - 五常村が国分村に村名を変更。東葛飾郡国分村大字須和田となる。
  • 1934年(昭和9年)11月3日 - 市川町八幡町中山町と合併、市制施行。市川市大字須和田となる。
  • 1951年(昭和26年)12月1日 - 市内の大字を町に変更。それに伴い、市川市須和田町となる。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 住居表示施行。市川市須和田一丁目・二丁目となる。

地名の由来[編集]

湿地帯で湿田のある所を「スワ」と呼び、そのことから「諏訪田」と呼ばれた。それが後に「須和田」となったもの。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
須和田一丁目 1,362世帯 2,888人
須和田二丁目 1,004世帯 2,213人
2,366世帯 5,101人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
須和田一丁目 全域 市川市立菅野小学校 市川市立第二中学校
須和田二丁目 1~6番
19~25番
7~18番
26~36番
市川市立真間小学校

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別人口(住民基本台帳)”. 市川市 (2017年10月10日). 2017年11月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 小・中学校の通学区域(学区)”. 市川市 (2017年9月28日). 2017年11月7日閲覧。