須永和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

須永 和男(すなが かずお、1957年8月11日[1] - )は、日本外交官防衛省防衛政策局次長、ASEAN政府代表部特命全権大使等を経て、駐カタール特命全権大使。

人物・経歴[編集]

群馬県みどり市出身[2]1980年一橋大学法学部を卒業し、外務省に入省する。1997年外務省北米局日米安全保障条約課企画官、1998年外務省経済局国際エネルギー課長。日米安全保障条約課企画官時代は、鳥島射爆撃場劣化ウラン弾事件現地調査団キャップとして、環境影響評価を行った[3]

2000年内閣官房安全保障・危機管理室内閣審議官。内閣官房情報セキュリティ対策推進室副室長を経て、2002年外務省経済協力局調査計画課長、2003年コロンビア大学国際・公共政策大学院(SIPA)プロフェッショナルフェローニューヨーク領事、2004年国連公使、2007年在アラブ首長国連邦公使[4][5]

2009年外務省官房参事官兼国際協力局、南アジア部、2010年外務省官房参事官兼国際協力局、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)日本準備事務局事務局長、2010年外務省大臣官房審議官兼国際協力局、2011年防衛書記官・防衛省防衛政策局次長、2013年4月アトランタ総領事。2016年2月11日付で東南アジア諸国連合日本政府代表部特命全権大使[6][7]。2019年駐カタール特命全権大使[8]

同期入省[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ASEAN日本政府代表部
  2. ^ 【新着】本県出身の2人を大使に起用上毛新聞2019/07/23
  3. ^ 「政府、環境調査を開始 劣化ウラン弾事件」琉球新報1997年2月24日
  4. ^ <[1]日本経済新聞
  5. ^ [2]
  6. ^ 「パキスタン大使に倉井氏起用」日本経済新聞2016/2/19
  7. ^ [3]
  8. ^ カタール大使に須永氏時事通信2019年07月23日10時44分


先代:
大江博
防衛省防衛政策局次長
2011年 - 2013年
次代:
山本条太