須田明夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

須田 明夫(すだ あきお)は、日本外交官

人物・経歴[編集]

東京都生まれ。東京大学中退。1971年昭和46年)外務省に入省。内閣府遺棄化学兵器処理担当室長を経て、2001年4月から国際協力事業団総務部長。2003年スリランカ駐箚特命全権大使[1]2006年国際テロ対策担当大使。 2009年軍縮会議日本政府代表部大使。2011年11月8日退官。2012年4月1日東京大学公共政策大学院客員教授[2]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) フィンランド大使に近藤氏 更迭の重家氏は「復帰」”. 47NEWS (2003年9月26日). 2012年10月27日閲覧。
  2. ^ 「特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成24年4月1日~平成25年3月31日)」外務省
先代:
樽井澄夫
軍縮会議代表部大使
2009年 - 2011年
次代:
天野万利