須藤澄玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 須藤 澄玲
Sumire Suto
Figure skating pictogram.svg
Sumire Suto and Francis Boudreau-Audet in 2017.png
右が須藤澄玲、左はブードロー=オデ
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1997-11-12) 1997年11月12日(20歳)
出生地: 神奈川県横浜市
身長: 151 cm
元パートナー: フランシス・ブードロー=オデ
コンスタンティン・チジコフ
コーチ: リチャード・ゴーチエ
ブルーノ・マルコット
元コーチ: 佐藤有香
ジェイソン・ダンジェン
セルゲイ・ペトロフスキー
振付師: ジェリー・マルコット
元振付師: 佐藤有香
所属クラブ: 神奈川FSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 164.96 2017 四大陸選手権
ショートプログラム: 61.70 2017 世界選手権
フリースケーティング: 109.20 2016 GP NHK杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界国別対抗戦
2017 東京 団体

須藤 澄玲(すとう すみれ、1997年11月12日-)は、神奈川県横浜市出身の女性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはフランシス・ブードロー=オデコンスタンティン・チジコフ

2015年2016年全日本選手権優勝。

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身。横浜英和女学院中学校卒業。東京インターハイスクール在学中。

2013-2014シーズン、コンスタンティン・チジコフとペアを結成。全日本選手権のジュニアクラスで優勝。チャレンジカップで4位となり、初出場の世界ジュニア選手権では12位となる。2014-2015シーズン、ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦しJGPチェコスケートで6位となる。その後、チジコフとペアを解散。

2015-2016シーズン、新たにフランシス・ブードロー=オデとペアを結成。初戦のゴールデンスピンで7位となり、全日本選手権で優勝を果たす。年明け早々に行われたネスレ杯では国際大会で初めて優勝する。初出場となった世界選手権ではSPで22位となりFSに進めなかった。

2016-2017シーズン、グランプリシリーズに参戦。母国開催のNHK杯では、最下位の7位ではあるものの自己ベストを大幅に更新した。世界選手権SPでは自身初となるSP60点台の自己ベストを出すが、前年よりSP通過ラインが大幅に上昇し、17位で大会を終えた。

2017-2018シーズン、全日本選手権は体調不良で欠場[1]。2018年3月4日、ブードロー=オデが日本所属を離れることを発表し、ペアは解散となった[2]

主な戦績[編集]

大会/年 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
世界選手権 22 17
四大陸選手権 9 10
世界国別対抗戦 1
全日本選手権 1 1
GPロステレコム杯 8
GP NHK杯 7 7
CSネーベルホルン杯 11
CS USクラシック 4 8
CSゴールデンスピン 7
ネスレ杯 1 1
世界Jr.選手権 12
全日本選手権 1 J
JGPチェコスケート 6
チャレンジカップ 4 J

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年11月10日-12日 ISUグランプリシリーズNHK杯大阪 7
51.69
7
104.83
7
156.52
2017年10月20日-22日 ISUグランプリシリーズロステレコム杯モスクワ 8
48.93
8
87.87
8
136.80
2017年9月27日-30日 ISUチャレンジャーシリーズネーベルホルン杯オーベルストドルフ 11
54.36
14
94.06
11
148.42
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 8
50.60
8
103.00
8
153.60


2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 6
54.84
6
97.57
1
団体
(152.41)
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 17
61.70
- 17
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 10
58.14
9
106.82
10
164.96
2016年12月22日-25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 1
56.96
1
103.29
1
160.25
2016年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 6
52.65
7
109.20
7
161.85
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
44.48
4
78.16
4
122.64


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年4月22日-24日 2016年コーセー・チームチャレンジカップスポケーン - 6
100.78
3
団体
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 22
38.50
- 22
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 9
52.70
9
92.63
9
145.33
2016年1月6日-10日 2016年メンターネスレネスクイックトルン杯トルン 1
55.69
1
104.36
1
160.05
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 1
53.31
1
96.24
1
149.55
2015年12月2日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 8
46.62
7
90.44
7
137.06


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年9月3日-7日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 7
32.41
6
64.14
7
96.55


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月10日-16日 2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 13
39.70
13
67.71
12
107.41
2014年3月6日-9日 2014年チャレンジカップ ジュニアクラス(ハーグ 4
44.22
4
67.01
4
109.42
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(さいたま 1
39.74
1
71.61
1
111.35


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2017-2018 さくら
作曲:森山直太朗
演奏:アンドレ・リュウ
振付:ジュリー・マルコット
ビートルズ メドレー
振付:ジュリー・マルコット
2016-2017 映画『シェルブールの雨傘』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:ジュリー・マルコット
ばら色の人生
演奏:ルイ・アームストロング
振付:ジュリー・マルコット
2015-2016 ばら色の人生
演奏:ルイ・アームストロング
振付:ジュリー・マルコット
A Sky Full Of Stars
曲:コールドプレイ
2014-2015 The Way You Look Tonight
作曲:ジェローム・カーン
ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
2013-2014 映画『SAYURI』サウンドトラックより
作曲:ジョン・ウィリアムズ

脚注[編集]

  1. ^ 全日本フィギュア 須藤ペアが欠場「調整不足のため棄権」
  2. ^ フランシス・ブードロー=オデのインスタグラム 2018年3月4日の投稿

参考文献[編集]

須藤 澄玲&:強化選手 公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating Federation