須藤眞志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

須藤 眞志(すどう しんじ、1939年 - )は、日本の歴史学者京都産業大学外国語学部名誉教授。専門は日米関係史

経歴[編集]

群馬県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。同大学大学院を修了し、1987年「日米開戦外交の研究 日米交渉の発端からハル・ノートまで」で法学博士の学位を取得。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日米開戦外交の研究――日米交渉の発端からハル・ノートまで』(慶應通信、1986年)
  • 『ハル・ノートを書いた男――日米開戦外交と「雪」作戦』(文春新書、1999年)
  • 『真珠湾「奇襲」論争――陰謀論・通告遅延・開戦外交』(講談社選書メチエ、2004年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『現代史――戦後世界の潮流』(学陽書房、1988年)
  • 『戦後世界の潮流』(学陽書房、1991年)
  • 『20世紀現代史』(一藝社、1999年)

共編著[編集]

  • 花井等)『新比較外交政策論』(学陽書房, 1992年)