額戸経義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
額戸経義
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 不明
別名 五郎、三郎
氏族 清和源氏新田氏額戸氏
父母 父:源義重
兄弟 里見義俊山名義範新田義兼
得川義季経義
祥寿姫源義平正室)、足利義清室、
武田信光室、那須与一室?、得河義秀?

額戸 経義(ごうど/ぬかど つねよし)は、平安時代末期頃の武士新田義重の五男。額戸氏の祖。

略歴[編集]

清和源氏新田氏の一族。通称は『尊卑分脈』などによると五郎。ただし「長楽寺草写本源氏系図」(長楽寺系図)によると三郎。

古文書や『吾妻鑑』など確かな史料上では確認できない人物であり、館の存在も不詳である。ただし既存の系図上では、新田義重の子息として兄4人(義俊義範義兼義季)と並び必ず記載される人物である[注釈 1]。額戸氏の一族は同族の里見氏流大井田氏と共に、越後国に進出して、長岡氏風間氏などの支流が出ている。

なお子孫の姓から、新田荘東北部の額戸郷と長岡郷を伝えたとみられる。

注釈[編集]

  1. ^ それ以外は異同がある。