類聚符宣抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

類聚符宣抄(るいじゅうふせんしょう)は、天平9年(737年)から寛治7年(1093年)までの間の太政官符宣旨・解状を、部目別に分類して編集した法令集である。別名『左丞抄』。

概要

編者・成立年代について、平安時代末期の保安2年(1121年)、3年に書写された最古の写本(現宮内庁書陵部所蔵)が、小槻官務家に永く秘蔵されていたことから、小槻氏によって編纂され、本書収録の最も新しい年次の文書が寛治7年正月19日の宣旨であるため、寛治7年から保安2年までの間に成立したと従来考えられてきた。

しかし、本書の特徴・内容から、平安時代後期の実務官僚であった源経頼宇多源氏)が、公務遂行の為に編まれたとする新説が提示された。この説の場合、本書の編纂は長暦3年(1039年)に経頼が歿したため、未完成のまま中断したとしている。とすると、前記の如く、本書収録の最新年次の文書は寛治7年の宣旨であるため、長暦3年説を採用すると矛盾が生じるが、長暦3年から寛治7年の間の文書は、全て女院号についての文書16通であり、それらは、本書の最古の写本が成立した保安2年までに増補されたと考えられている。

なお、本書は新訂増補国史大系吉川弘文館)第27巻に収録されている。

関連項目

  • 続左丞抄』 - 天暦2年(948年)~元禄7年(1694年)に小槻氏(のち壬生家)に伝来されていた太政官関連の古文書を元禄年間に壬生季連が書写したもので、当初『新写古文書』と呼ばれた。のち明治時代に本書『左丞抄』の続編という意味で名が与えられ定着した。

参考文献

  • 宮内庁書陵部『図書寮典籍解題』 昭和26年(1951年
  • 橋本義彦「類聚符宣抄」(『国史大系書目解題』上巻) 昭和46年(1971年
  • 清水潔『類聚符宣抄の研究-付類聚符宣抄・別聚符宣抄索引』 昭和57年(1982年

今日は何の日(9月15日

もっと見る

「類聚符宣抄」のQ&A