風、スローダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

風、スローダウン』(かぜ、スローダウン)は、1991年11月23日東映の配給で公開された日本映画島田紳助監督作品。

風、スローダウン
監督 島田紳助
脚本 島田紳助
出演者 石田靖
五十嵐いづみ
長原成樹
西川忠志
音楽 BORO 
撮影 栢野直樹
編集 吉岡聡
製作会社 吉本興業テレビ大阪・日映エージェンシー・ディレクターズ・カンパニー
配給 東映
公開 日本の旗 1991年11月23日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要[編集]

島田紳助の初監督作品で、脚本も担当している。井筒和幸を監修に迎え、「これは正しい青春映画です」と銘打ち、明るくも哀しい映画に仕立てている。

映画のベースは紳助の自著『風よ、鈴鹿へ』。

大阪を舞台に、「なかなか芽が出ないバイクレーサー」「ヤクザのチンピラ」「すねかじりの金持ちボンボン」の仲良し3人組と東京から来た1人の少女を軸に、青春の岐路・苦悩・挫折を描いている。

あらすじ[編集]

プロのオートバイレーサーを目指すオサム、ヤクザの準構成員のショージ、父の事業を継ぐことを約束されているヤスヒロの前に、東京から来た麻美が現れる。オサムと麻美は次第に惹かれ合うものの、麻美に想いを寄せているヤスヒロは嫉妬していた。だが、実は麻美には親に決められた婚約者がいて、結婚する事に悩み大阪に逃げてきた。

一方、ヤスヒロはその放蕩ぶりを見かねた父によって政略結婚をさせられ、ジョージは鉄砲玉で男を上げようとしたが返り討ちにあって死亡する。

夢を捨てきれないオサムは悩んだ末に麻美と別れた後、彼女の結婚式に花束を送り、自らの夢を賭けたレースに出場。しかし、オサムを乗せたバイクは勢い余って転倒してしまう。

キャスト[編集]

<バイクチーム>

<麻美の関係者>

  • 加納良子(麻美の母):田村奈己
  • 本間良夫(麻美の親戚・フィアンセ):加勢大周

<オサムの関係者>

<ヤスヒロの関係者>

<ショージの関係者>

<花村組>

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 島田陽子の出演に関しては、彼女がCLUB紳助にゲスト出演した際、紳助からの「映画を撮るのでノーギャラで出演して欲しい」という依頼を快諾したことが切っ掛けだった。[要出典]
  • 映画監督の深作欣二がトーク番組『CLUB紳助』のゲストに出演した際、自ら本作の話をして感想を述べ、ホストである紳助がいたく感動した。

映画 風、スローダウン - allcinema