風に吹かれて (オフコースの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
風に吹かれて
オフコースシングル
収録アルバム SELECTION 1978-81
B面 恋を抱きしめよう
リリース
規格 EP
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-10583
作詞・作曲 小田和正(風に吹かれて)
鈴木康博(恋を抱きしめよう)
プロデュース 小田和正
鈴木康博
チャート最高順位
  • 週間41位(オリコン
  • 登場回数10回(オリコン)
オフコース シングル 年表
愛を止めないで
1979年
風に吹かれて
(1979年)
さよなら
(1979年)
SELECTION 1978-81 収録曲
  1. 風に吹かれて
  2. 夏の終り
  3. 愛を止めないで
  4. せつなくて
  5. 生まれ来る子供たちのために
  6. さよなら
  7. Yes-No
  8. 愛の終わる時
  9. 一億の夜を越えて
  10. いくつもの星の下で
  11. I LOVE YOU
Three and Two 収録曲
  1. 思いのままに
  2. 恋を抱きしめよう
  3. その時はじめて
  4. 歴史は夜つくられる
  5. 愛を止めないで
  6. SAVE THE LOVE
  7. 汐風のなかで
  8. 愛あるところへ
  9. 生まれ来る子供たちのために〜「いつもいつも」
テンプレートを表示

風に吹かれて」(かぜにふかれて)は、1979年6月5日に発売されたオフコース通算16枚目のシングル

解説[編集]

「風に吹かれて」は、オリジナル・アルバム未収録曲で、ベスト・アルバム『SELECTION 1978-81[注 1]ビル・シュネーによるリミックス・ヴァージョンで収録された。この曲は後に小田がアルバム『LOOKING BACK[注 2]にて、歌詞の一部を書き変えてセルフ・カヴァーした。

「恋を抱きしめよう」はアルバム『Three and Two[注 3]に収録されるが、アルバム収録曲と同内容。後に鈴木がアルバム『BeSide[注 4]と『FORWARD[注 5]にてセルフカヴァーしている。『BeSide』[注 4]でのリアレンジについて、鈴木は解説で「オリジナルが相当カッチリ出来上がっているので、どうやっつけようか考えてしまった。イントロのギターとコーラスで決まりだ」[1]と書いている。

両曲ともその後、ライヴ・ヴァージョンがライヴ・アルバム『LIVE[注 6]に収録された。

シングル「めぐる季節[注 7]以来使われてきた“SONG IS LOVE”を併せたグループ名のロゴは、このシングルで最後となった。

記録[編集]

当シングルは、累計で3.7万枚を売り上げた。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 風に吹かれて KAZE NI FUKARETE (4’05")
    作詞・作曲・ストリングス編曲:小田和正、編曲:オフコース

SIDE B[編集]

  1. 恋を抱きしめよう KOI O DAKISHIMEYÕ (4’05")
    作詞・作曲:鈴木康博、編曲:オフコース

スタッフ[編集]

  • プロデュース : 小田和正、鈴木康博

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ SELECTION 1978-811981年9月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90106
  2. ^ LOOKING BACK1996年2月1日発売 Little Tokyo ⁄ FUNHOUSE CD:FHCL-2003
  3. ^ Three and Two1979年10月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-80107
  4. ^ a b BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
  5. ^ FORWARD2004年12月8日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI CD:TOCT-25563
  6. ^ LIVE1980年5月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI 2LP:ETP-60380/1
  7. ^ めぐる季節1976年10月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA-EMI EP:ETP-10081

出典[編集]

  1. ^ (1996年) 鈴木康博BeSide』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR (BVCR-772).