風のクロマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
風のクロマ
レミオロメンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース 小林武史 & レミオロメン
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • レミオロメン アルバム 年表
    Flash and Gleam
    2006年
    風のクロマ
    2008年
    レミオベスト
    2009年
    『風のクロマ』収録のシングル
    テンプレートを表示

    風のクロマ』(かぜのクロマ)は、レミオロメンの4枚目のオリジナルアルバム2008年10月29日SPEEDSTAR RECORDSから発売された。

    概要[編集]

    前作『HORIZON』から約2年半振りのオリジナルアルバムとなる。収録曲数15曲はレミオロメンが発表しているオリジナルアルバムでは最も多い。15曲のうち、C/Wを含めたシングルが8曲収録されている。また、15曲中7曲にタイアップがついた。

    英語で「彩度」「鮮やかさの度合い」「色の濃度」「色度」の意味がある「クロマ(chroma)」に空気圧のグラデーションを表す「風の」を加えて2年半の精神的変化などを表した。

    ジャケットなどには秋山幸が描いた油絵が使われている。

    初回限定盤はCD+DVD(「翼」ミュージックビデオ、メイキング収録)。先着購入者にはB2サイズのポスターが渡される。

    収録曲[編集]

    曲名の横に作詞/作曲の記載がないものはすべて藤巻が作詞作曲を担当。全曲の編曲はレミオロメンと小林武史が担当。

    1. アルバムリード曲。
      劇場版MAJOR メジャー 友情の一球』の主題歌。
      いわゆる「神社時代」より以前に生まれた曲。当時は難しくて必然的にやらなくなったがふとプリプロでやってから紆余曲折を経て出来上がった。藤巻は「この曲を作っていくことで、いろんなブレが無くなっていった」と語っている。
      PVは外国の風景の映像が混ざっているが、演奏シーンとドライブの様子は北海道で撮影が行われている(詳細なロケ地は不明だが、道東でなければ見られない景色が続く)。
    2. オーケストラ
      13thシングル(通算)の2曲目に収録。
    3. ランデブータンデム
      最初は「♪ランデブー、タンデムー~」と語呂合わせでつくっていった。 初夏の田舎道をイメージして作られた、初期の頃の面影がある曲である。
    4. リズム(作詞:藤巻亮太/作曲:前田啓介)
      12thシングル(通算)の3曲目に収録。
      神宮司曰く「新しいドラムが来て初めて取り組んだ曲」。
      「Wonderful&Beautiful」ツアーでは最後の曲に、「風のクロマ」ツアーでは半音下げで最初の曲に起用された。
    5. 透明
      茜空のPV撮影の合間にアコースティックギターを弾いていた時に思いついたメロディを曲にした」と藤巻本人が語っている。
      「ラブなソングを書きたい」という気持ちで藤巻が書いたもの。
      レミオロメンの楽曲で初めてフェードアウトで終わる。
      前田曰く「音の鳴らし方、言葉、ともにレミオの新境地」となる曲。
      ライブではキーが半音下がっている。
    6. 11thシングル(通算)の2曲目(初回版では1曲目)に収録。
    7. 青春の光
      レミオロメンの中ではこの曲で初めて一人称「俺」が歌詞に出てくる。
    8. RUN
      11thシングル(通算)の1曲目(初回版では2曲目)に収録。
    9. 星取り
      藤巻が「いつ作ったのか覚えていないくらい、あんまり何も考えないで作った」と評している一方、前田は「言っていることも演奏も含めてこのアルバムの中で一番ロックしているなと思える」と評している。
      ライブではキーを半音下げた状態で演奏している。
    10. もっと遠くへ
      13thシングル(通算)の1曲目に収録。
    11. Merry go round(作詞:藤巻亮太/作曲:前田啓介)
      「離れ離れになった人も、近くにいる人も、もう会わないかもしれない人も、とりあえず幸せでいて欲しい」と思った前田が書いた曲。
      藤巻は「この曲のピアノがすごく好き」と言っている。
    12. 茜空
      10thシングル(通算)の1曲目に収録。
    13. Wonderful & Beautiful
      12thシングル(通算)の1曲目に収録。
    14. 幸せのカタチ
      11thシングル(通算)の3曲目に収録。
      ライブではホーン系のパートをサポートギタリストがボトルネック奏法で演奏している。
    15. 花火
      神奈川県鎌倉市の鎌倉花火大会に行ったときの事を書いた曲なのか「night鎌倉」という歌詞が出てくる。

    参加ミュージシャン[編集]


    • リズム
    • もっと遠くへ
    • 茜空
      • 四家卯大ストリングス:Strings