風の詩を聴かせて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
桑田佳祐 > 風の詩を聴かせて
風の詩を聴かせて
桑田佳祐シングル
初出アルバム『I LOVE YOU -now & forever-
B面 NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜
MY LITTLE HOMETOWN
リリース
規格 12cmCD
12インチレコード
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 VICTOR STUDIO 401st
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
SPEEDSTAR RECORDS
作詞・作曲 桑田佳祐
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(着うた、日本レコード協会)[1]
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2007年9月度月間4位(オリコン)[3]
  • 2007年度年間32位(オリコン)[4]
桑田佳祐 シングル 年表
明日晴れるかな
(2007年)
風の詩を聴かせて
(2007年)
ダーリン
(2007年)
I LOVE YOU -now & forever- 収録曲
明日晴れるかな
(14)
風の詩を聴かせて
(15)
ミュージックビデオ(Full ver.)
「風の詩を聴かせて」 - YouTube
ミュージックビデオ(Short ver.)
「風の詩を聴かせて」 - YouTube
テンプレートを表示

風の詩を聴かせて」(かぜのうたをきかせて)は、桑田佳祐の楽曲。自身の10作目のシングルとして、タイシタレーベル / SPEEDSTAR RECORDSから2007年8月22日に発売された。

2016年2月26日にはダウンロード配信、2019年12月20日にはストリーミング配信を開始した[5][6]

背景・リリース[編集]

前作「明日晴れるかな」から約3か月ぶりとなる作品[7]

初回限定盤・通常盤・アナログ盤の3パターンで発売され、初回限定盤は特製ケース入りオリジナルジャケット仕様、特典として"残暑お見舞い オリジナル「桑」ステッカーシート"を封入されている。販売店によっては、封入されているステッカーとは別に、購入時にさらに別のオリジナル「桑」ステッカーを配布し、シート端を使った店頭でのクジ引きにより、オリジナルTシャツが当たるキャンペーンを実施した。従来同様、初回限定生産でアナログ盤も同時発売しており、こちらはピクチャーディスク仕様、特典として限定ポスターが付属している。

チャート成績[編集]

2007年9月3日付のオリコン週間ランキングで初週9.3万枚を売り上げて、初登場1位を獲得した。前作に引き続き、初登場1位を獲得し、2001年発売の「波乗りジョニー」から5作連続・通算6作目の首位獲得となった。男性ソロアーティストによる同ランキングでの5作連続首位獲得は、近藤真彦(14作連続)が1982年に達成して以来約25年ぶりで史上2人目である[7]

オリコンによる本作の登場週数は21週である[2]

収録曲[編集]

  • 収録時間:14:00
  1. 風の詩を聴かせて (4:57)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    映画『Life 天国で君に逢えたら』主題歌[注 1]。また、自身出演のKDDI沖縄セルラー電話au LISMO』キャンペーンCMソング。
    死すら超えるほどの深遠な愛を歌った、切なく繊細なアンプラグドバラード[9]
    桑田は映画主題歌の話を依頼される前に、同映画の主人公である飯島夏樹のドキュメンタリーや、題材となった小説を偶然目にしており、楽曲の製作にも影響を与えたと語っている[9][10]
    宮城県牡鹿郡女川町臨時災害放送局女川さいがいFMが2016年3月で閉局すると知った桑田が、東日本大震災の被災地復興の思いを込めて同年3月26日に女川温泉ゆぽっぽ[注 2]から自身のレギュラー番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』の生放送を行った際に披露した本楽曲が2016年発売のシングル「ヨシ子さん」の初回限定盤に収録されている[11]
  2. NUMBER WONDA GIRL ~恋するワンダ~ (4:26)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    自身出演のアサヒ飲料WONDA モーニングショット」「アフターショット」CMソング。
    CM用に書き下ろされた楽曲[12]
    本CM公開前の数日間はイントロのみが使用された予告編的なものであったが[12]、同年9月3日からは黒澤明植木等ジャイアント馬場とのCG合成での共演CMが制作された[13][14][15]
  3. MY LITTLE HOMETOWN (4:38)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 管編曲:山本拓夫
    自身出演の映画茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』主題歌[注 3]
    レゲエ調のサウンドに、桑田が少年時代過ごした茅ヶ崎での思い出を綴ったナンバー[16]。歌詞に登場する「CHIYAMA」は桑田が少年時代に通っていたレコード店である[注 4][17]。また茅ヶ崎で夏に行われる「浜降祭」の、茅ヶ崎甚句の掛け声の音源が使用されている[注 5]
    当初この楽曲はノータイアップであったが、『茅ヶ崎物語』は宮治淳一が桑田のために作った映画であり、茅ヶ崎出身の宮治や加山雄三らと共に桑田も出演することになり、この楽曲の主題歌が決定した[19]

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 桑田が映画の主題歌を担当するのは、サザンオールスターズ名義の楽曲を含めても、自身の監督作品『稲村ジェーン』主題歌となった「真夏の果実」以来約17年ぶりとなる[8]
  2. ^ JR女川駅併設。
  3. ^ 映画が公開された2017年に使用。
  4. ^ 2011年6月をもって閉店。
  5. ^ 桑田は「浜降祭」に参加したことはなく、理由は「ど~もあれ怖くてね」とのこと[18]

出典[編集]

  1. ^ a b c The Record vol.576 p14 日本レコード協会 2020年11月25日閲覧
  2. ^ a b 風の詩を聴かせて オリコン 2015年12月2日閲覧
  3. ^ 楽曲パワーと人気ドラマ主題歌で嵐が月間首位獲得! オリコン 2007年9月30日配信, 2020年10月24日閲覧
  4. ^ 2007年度年間CDランキング31位〜40位 オリコン 2015年12月2日閲覧
  5. ^ 桑田佳祐“還暦記念” ついにソロ全211曲配信解禁 オリコン 2016年2月26日配信・閲覧
  6. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  7. ^ a b 桑田佳祐、ソロ・アーティストとして史上2人目の5作連続1位! 2007年8月28日配信,2020年11月23日閲覧
  8. ^ 桑田ソロ5作連続首位の理由 オリコン 2007年9月12日配信, 2020年11月25日閲覧
  9. ^ a b 桑田佳祐が映画「Life 天国で君に逢えたら」の主題歌として、“風の詩を聴かせて”をリリース。全国ツアーも急遽決定タワーレコードオンライン 2007年07月09日配信 2020年10月14日閲覧
  10. ^ [1]映画.xom 2007年7月27日配信 2020年10月14日閲覧
  11. ^ 桑田佳祐「ヨシ子さん」初回盤に女川さいがいFM生放送のライブ音源 音楽ナタリー 2016年6月4日配信・閲覧。
  12. ^ a b 桑田佳祐、「ワンダモーニングショット」の新CMに楽曲を提供!ロッキングオン2007年8月22日配信 2020年10月14日閲覧
  13. ^ 『ワンダ モーニングショット』新TVCM 桑田 佳祐氏 出演第一弾「世界のクロサワ」と夢の共演 「桑田+黒澤」篇 9月4日 放映開始!アサヒ飲料 2007年9月3日配信 2020年10月14日閲覧
  14. ^ 『ワンダ アフターショット』新TVCM 桑田 佳祐 氏 夢の共演 第2弾 「桑田+植木」篇 9月25日(火) 放映開始!アサヒ飲料 2007年9月21日配信 2020年10月14日閲覧
  15. ^ 桑田佳祐今度はG馬場さんとCM共演日刊スポーツ 2007年11月9日配信 2020年10月14日閲覧
  16. ^ I LOVE YOU -now & forever- 完全本』P117 ビクターエンタテインメント、2013年。
  17. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』P108 – 109、朝日新聞出版、2013年
  18. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』2015年4月号(29巻5号、通巻450号)、ロッキング・オン、2015年、53頁
  19. ^ 映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』、茅ヶ崎からハワイへ太平洋横断上映決定 ミュージックマンネット 2017年9月16日閲覧

関連項目[編集]