風来先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風来先生』(ふうらいせんせい)はNHK銀河ドラマ」枠で1970年12月7日から12月18日まで放送された連続テレビドラマである。カラー作品。全10回。NHK大阪制作。

概要[編集]

「銀河ドラマ」第45作。地方の高校に赴任した青年教師が巻き起こすさまざまな騒動を描く痛快青春ドラマ。白川渥の新聞連載小説を映画監督の中島貞夫が脚色、放映時には「坊ちゃん」の現代版と紹介されていた。

物語[編集]

就職調査票に「どんな辺境の地も厭わない」と大書した国文科の学生白戸勉吉は、縁あって山陰の小都市にある私立明道高校に赴任する。下宿は新任の同僚一色と同じ家で、隣家には未亡人の左近女医と女子大生万里子の美人母娘。授業に出ると学校一の美少女雪江の姿に目が止まり、勉吉は嬉しくて仕方がない。ところが、校内で喫煙していた町のボスの息子青田を問答無用で殴ったことが大騒動に発展、勉吉は窮地に追い込まれる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:白川渥 「風来先生」(講談社 1959)
  • 脚本:中島貞夫
  • 演出:吉崎寧彦、椿恭造
  • 音楽:小倉博
  • 制作:境正顕

参考資料[編集]

  • 「テレビジョンドラマ」(放送映画出版)
NHK 銀河ドラマ
前番組 番組名 次番組
求む!人間
(1970.11.23 - 1970.12.4)
風来先生
(1970.12.7 - 1970.12.18)
歳月
(1970.12.21 - 1970.12.25)