風立ちぬ (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
風立ちぬ
監督 島耕二
脚本 桂一郎、村山俊郎
原作 堀辰雄
製作 伊藤基彦、三輪礼二、瀬良庄太郎
出演者 久我美子石浜朗
音楽 芥川也寸志
撮影 三村明
製作会社 東京映画、大雅社
配給 東宝
公開 1954年5月19日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

風立ちぬ』(かぜたちぬ)は、1954年(昭和29年)製作の日本映画東宝配給、東京映画・大雅社提携作品。

原作は堀辰雄同名小説だが、冒頭に「任意に潤色せるものである」とクレジットされていて脚色が加えられた。主人公は小説家ではなくマイクロウェーブを研究するヒロインより2歳年下の学生という設定。画家であるヒロインの父の描写が増え、その父がかつて憧れた主人公の叔母との再婚話とヒロインとの父娘関係がサイドストーリーとして描かれている。時代背景についても、原作が結核が不治の病であった戦前の設定であるのに対し、本作の劇中では結核に化学療法が使われるようになっており、結核がさほど重篤でなかったヒロインの結核についてはこれで治療が成功し、退院の目処がついていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]