風色日向

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

風色 日向(かぜいろ ひゅうが、6月23日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役スター。

東京都練馬区[1][2]区立開進第四中学校出身[1][2]。身長175cm[1][3][2]。愛称は「ひゅーが」、「ひなこ」、「風の色は何色」[1][4][2]

来歴[編集]

2014年、宝塚音楽学校入学。音楽学校の文化祭では演劇部門で主役を務める[4]

2016年、宝塚歌劇団に102期生として入団[3][4][2]。入団時の成績は6番。星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台[1][4]。その後、宙組に配属[1][4]

2019年、「エル ハポン」で新人公演初主演[3][4][2]。入団4年目での抜擢となった[3][2]

人物[編集]

小さな頃から歌が好きで、ミュージカルに親しんだ[2]

中学1年の時に宝塚を初観劇[2]。きらびやかな衣装、キラキラした世界に心を奪われ、高身長を生かせる宝塚を目指すようになる[2]

ディズニーアニメ「ポカホンタス」の中で流れる歌に「風の色は何色」という歌詞があり、芸名はそこからとって「風色」とした[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』(コーラス)
  • 2018年7月、『宝塚巴里祭2018』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、150頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 山岸利行 (2020年2月13日). “<華宝塚>憧れの場所で見た色は 風色日向(宙組)”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2020021302000198.html 2020年2月13日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “宝塚宙組・風色日向が初センター「真っ白」から「温かなオレンジ色に」”. スポーツ報知. (2019年12月3日). https://hochi.news/articles/20191203-OHT1T50206.html 2019年12月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i 名取千里 (2020年1月1日). “『El Japón−イスパニアのサムライ−』新人公演でスペインに留まった剣士・治道の苦悩を演じる”. ウィズたからづか. http://with-takarazuka.com/fairy/2020/01/#000723