風花舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かざはな まい
風花 舞
本名 宮崎 優子(みやざき ゆうこ)
生年月日 (1971-06-06) 1971年6月6日(49歳)
出生地 日本の旗東京都新宿区
血液型 A
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画ダンス
活動期間 1990年 -
活動内容 1990年宝塚歌劇団入団
1991年月組に配属
1995年12月:月組トップ娘役就任
1996年3月:トップお披露目
1999年:宝塚歌劇団退団、以降舞台・テレビなどで活動
事務所 KWAN
公式サイト https://kwan.tokyo/
主な作品
舞台
CAN-CAN
WEST SIDE STORY』『ラ・カージュ・オ・フォール』『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』『big~夢はかなう~』『回転木馬』『spelling bee』『プライヴェート・リハーサル』『QUICK DRAW』

ドラマ
『喪服のランデヴー』『死者からの手紙』『恋愛偏差値』『乙女のパンチ』
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

風花 舞(かざはな まい、1971年6月6日 - )は東京都出身の女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。

同期に、純名里沙(元花組トップ娘役)・月影瞳(元星・雪組トップ娘役)・星奈優里(元星組トップ娘役)・彩輝なお(元月組トップスター)などがいる。

愛称は「ゆうこ」。兵庫県立鳴尾高等学校に在学していた。

略歴[編集]

<宝塚歌劇団入団前>

東京青山松山バレエ学校に、小学3年~中学2年まで在籍。松山バレエ団公演「ドン・キホーテ」「コッペリア」「くるみ割り人形」に出演。

1984年:第41回東京新聞全国舞踊コンクールバレエ第二部で入賞[1]

<宝塚歌劇団時代>

1990年76期生として宝塚歌劇団に入団。

入団時の成績は40人中2番[2]。花組公演『ベルサイユのばら〜フェルゼン編〜』で初舞台。初舞台にしてソロのダンスシーンを与えられる。

1991年1月14日[2]:月組に配属。

1992年:OG大浦みずきを筆頭とするニューヨーク公演(NYジョイスシアター公演)に参加。オーディションでリンダ・ヘーバーマンの目にとまる。研究科3年で主演・大浦みずきとデュエットほか、主要キャストに抜擢され、宝塚におけるダンサーとしての地位を確立。

1994年:「たけくらべ」(主演・姿月あさと)、「WANTED」(主演・久世星佳)、「ローン・ウルフ」(主演・真琴つばさ)と3作連続でバウホール公演のヒロインを務め、麻乃佳世に続く娘役2番手スターのポジションを確立。また同年、ロンドン公演に主要キャストで参加。

1996年:ブロードウェイミュージカル「CAN-CAN」でトップ娘役に就任。トップスター久世星佳の相手役となる。「CAN-CAN」では卓越したダンスを披露、大喝采を浴びる。

1997年:トップスター久世星佳の後任真琴つばさの相手役を務める。(1997年5月1日1999年2月7日)

1998年バウホールでダンスリサイタル「LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-」を娘役単独主演。

1999年2月7日[2]東京宝塚劇場公演「黒い瞳ル・ボレロ・ルージュ」で退団。

<宝塚歌劇団退団後>

2000年:宝塚時代の芸名風花舞から、本名の宮崎優子に改名。

2003年6月23日:自身の公式ブログで、左膝前十字靭帯断裂(*1)の再建手術を受けたのを機に、元の芸名「風花舞」に戻し、ダンスを含め芸能活動をする事を明らかにした。

*1:宝塚時代のロンドン公演初日の舞台稽古で負傷、以来手術できずそのまま活動。

トップ娘役就任後、舞台上で左膝が亜脱臼を繰り返し、激痛との闘いが続き満身創痍で、踊る余力のあるうちに退団をと、急遽退団を決めたことをのちに語る。

2008年:講師に元宝塚歌劇団出身者が多く在籍する目白椿の坂スタジオで、ゲストインストラクターとして、ジャズダンス・バレエ・シアターダンスの2月、3月と5月に特別ワークショップを開催。

2012年〜:バレエ、ジャズ、ダンスplusの講師を本格的にスタートする。現在DanceLesson目白の杜主宰・講師、Chacott渋谷スタジオ講師を兼任。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 1990年
  • 1991年
    • ベルサイユのばら-オスカル編-」-新人公演:ディアンヌ(本役:麻乃佳世
    • 銀の狼」-新人公演:ミレイユ・デュロック(本役:麻乃佳世)【新人公演ヒロイン】/ 「ブレイク・ザ・ボーダー!」
    • 「たとえばそれは瞳の中の嵐のように」-ケイ
  • 1992年
    • 「珈琲カルナバル」-新人公演:パトリシア(本役:羽根知里)/「夢・フラグランス」
    • 「ボンジュール・シャックスパー」-シャーロット【バウホール公演初ヒロイン】
    • 「BLUFF-復讐のシナリオ-」(東京特別公演)
    • PUCK」-草の露、新人公演:ハーミア(本役:麻乃佳世)【新人公演ヒロイン】/「メモリーズ・オブ・ユー」
    • 「TAKARAZUKA 夢」(ニューヨーク公演)
  • 1993年
    • 「マンハッタン物語」-アニー・ペリー【バウホール公演ヒロイン】
    • 「グランドホテル」-新人公演:フリーダ・フラムシェン(本役:麻乃佳世)【新人公演ヒロイン】/ 「BROADWAY BOYS」
    • 「花扇抄」/「扉のこちら」/「ミリオン・ドリームズ」
  • 1994年
    • 「風と共に去りぬ」-メイベル・メリーウェザー、新人公演:メラニー・ウィルクス(本役:舞希彩
    • 「たけくらべ」-美登利【バウホール公演ヒロイン】
    • 「花扇抄」/「扉のこちら」/「ミリオン・ドリームズ」(ロンドン公演)
    • 「WANTED」-ティナ【バウホール公演ヒロイン】
    • 「エールの残照」-シャルミラ王女 /「TAKARAZUKA・オーレ!」(東京公演のみ)
  • 1995年
    • 「ローンウルフ」-ヴィヴィアーナ・モランテ
    • 「Beautiful Tomorrow!」
    • 「エールの残照」-キャサリン /「TAKARAZUKA・オーレ!」(地方公演)
    • 「ハードボイルド・エッグ」-シンディ /「EXOTICA!」【エトワール】
    • ミー・アンド・マイガール」- ソフィア・ブライトン【エトワール】
  • 1996年
  • 1997年
    • バロンの末裔」-キャサリン・シェフィールド/ 「グランド・ベル・フォリー」
    • EL DORADO」-レーニャ
    • 「チェーザレ・ボルジア」-ルクレツィア・ボルジア/ 「プレスティージュ」(地方公演)
    • 「Alas〜魂を翼に乗せて〜」タンチャ
  • 1998年
    • WEST SIDE STORY」-マリア
    • 永遠物語」-吉岡良子【バウホール公演ヒロイン】
    • 「LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-」【バウホール公演主演】
    • 黒い瞳」-マーシャ/ 「ル・ボレロ・ルージュ」【サヨナラ公演】

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台[編集]

  • 2004年
    • 「人情喜劇・・・泣きむし万吉〜渡世人、やめます」-おせき
    • 「喝采」-門倉杏子
    • 「CLUB SEVEN」
  • 2005年
    • 「Shuffle」-ハート
    • 風を結んで」-橘静江
    • 「RED SHOES, BLACK STOCKINGS 〜彼と彼女の踊る理由〜」
  • 2006年
  • 2007年
    • 「CLUB SEVEN」 SP
    • 「DANCIN' CRAZY」
    • 「CLUB SEVEN セレクション・ライブ」
    • 「OCTOBER」
  • 2008年
    • 「オープン・The・Show」-嵐山麗子
    • 「夏の夜のロミオとジュリエット」-アフロディーテ
    • ブロードウェイミュージカルショー「SHOWTUNE」
  • 2009年
    • 回転木馬」-マリン夫人
    • 「SpellingBee」-マーシー・パーク
  • 2010年
    • 東京アンテナコンテナ5周年記念公演舞台 「上海 J'TRIANGLE」
  • 2011年
    • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY 『DREAM TRAIL - 宝塚伝説 -』
    • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.2 宝塚OGレビューツアー『DREAM FOREVER』
  • 2012年
    • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.3 『DANCIN' CRAZY2』
    • 「男の花道」 - 土生環
  • 2013年
    • TABLOID REVUE『密会』
    • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.5 『DREAM LADIES』
    • 第28回国民文化祭・やまなし2013 総合フェスティバル開会式
  • 2014年
    • SHOW-ism VII 『ピトレスク』 - リュシエンヌ
    • セレブレーション100! 宝塚
  • 2015年
    • プライヴェート・リハーサル -リュシエンヌ
    • vol.4 X-TALK The Final!真琴つばさ30周年記念企画 トーク&ライブツアー
  • 2016年
    • Tango y Tango Buenos Aires Tokyo vol.1 タンゴそしてタンゴ
    • BOLERO~モザイクの夢~
  • 2017年
    • ダンスカンタービレ
  • 2018年
    • bpm本公演 QUICK DRAW
    • ドリアン・グレイの肖像
    • ダンスカンタービレ2018
  • 2019年
    • 風花舞トーク&ライブ
    • 天才劇団バカバッカ DAWN DAWGS ~朝焼けの旅路~

CM[編集]

  • 2000年6月8日〜 FIAGT社「PUNT」
  • 2001年4月19日〜「日本テレコム」 市外電話サービス「八百屋 編」

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • つなげよう明日へ~旅して応援!鉄道でめぐる西日本~(BS朝日2019年3月3日)
  • スカイステージ・トークリクエストDX#75「風花舞・星風まどか」(宝塚スカイステージ2019年9月)

その他[編集]

ダンサー(風花舞・蘭香レア

ダンサー(伊央里直加貴城けい初風緑・風花舞・星奈優里・蘭香レア)

ダンサー(風花舞・星奈優里・初風緑・楓沙樹/マリアートダンサーズ 秋山千夏・清水敦子)

  • T.M.R.15th × Sanrio Puroland 20th Collaboration Event「Thousands Morning Refrain 〜僕らの夜明け〜」 - 夜の女王役

ラジオ[編集]

  • FMシアター スチームパンクラシオン(NHK-FM、ラジオドラマ、2001年2月24日) - 役名:ライ・アーシュレイ
  • ふれあいラジオパーティー(NHKラジオ、2002年4月23日)
  • GINZA 4 STUDIO STAR SPECIAL(TS ONE2019年5月23日)

映画[編集]

Web

  • 森新吾×風花舞ダンスカンタービレ2018開幕直前インタビュー (2018年DANCE CUBE WEB MAGAZINE )
  • 青森・石巻・函館・ウラジオストククルーズ乗船記vol.1~vol.4 風花舞ダイヤモンド・プリンセスの旅 (2019年JTBトラベル&ライフ・ウェブマガジン)
  • DAWN DAWGS~朝焼けの旅路~インタビュー (2019年おすすめエンタメ情報エンタミーゴ!)

写真集[編集]

  • 風花舞 写真集『Diana』(1999年1月1日)

CD[編集]

  • WANTED(実況CD)
  • CAN-CAN(実況CD)
  • マンハッタン不夜城-王様の休日-(実況CD)
  • 銀ちゃんの恋(実況CD)
  • プレスティージュ(実況CD)
  • バロンの末裔/グランド・ベル・フォリー(1997年3月21日)「愛の天使」歌:真琴つばさ・風花舞
  • グランド・ベル・フォリー(実況CD)
  • 吉崎憲治作品集 Love&Dream Takarazuka〜今日強く君を愛す〜「れんげ草」歌:久世星佳・風花舞

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第41回全国舞踊コンクール入賞者
  2. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、102頁。ISBN 9784484146010