風越公園 (軽井沢町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風越公園(かざこしこうえん)は、長野県北佐久郡軽井沢町にある都市公園運動公園)である。公園内にある風越公園アリーナ1998年平成10年)の長野オリンピックカーリング会場として使用された[1]

公園入口、オリンピックの森遊歩道

施設概要[編集]

風越公園総合管理事務所[編集]

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1157-6 指定管理者:風越パークコーオペレイション

軽井沢風越公園アイスアリーナ[編集]

1990年平成2年)に、夏季は屋内テニスコート、冬季はスケートリンクと切り替えて使用する「風越公園アリーナ」として開設[2]1993年(平成5年)に長野オリンピックのカーリング会場に決定し、1998年(平成10年)2月9日から2月15日まで長野オリンピックにおいてカーリング競技を実施した[2]2009年(平成21年)12月23日より、通年営業のスケートリンクに転換し、現称に変更した[3]

  • スケートリンク: 60 m × 30 m

スカップ軽井沢[編集]

スカップ軽井沢

かつては夏季は室内温水プール、冬季はカーリング場として使用されていたが、2014年に通年型の温水プールに改修された。館内には会議室・多目的室もある。

室内温水プール[編集]

  • 開場時期: 通年 2014年4月から通年となり、2Fがトレーニングジムになった。
  • 大人用プール: 25 m × 6コース、水深1.2 m
  • 子供用プール: 180 m2、水深0.3 m、0.7 m

軽井沢アイスパーク[編集]

通年型のカーリング場で、2013年4月に開設された。

  • 開場時期: 通年
  • カーリングシートは6シートで、通年型のカーリング場としては日本最大規模である[4]
  • 女子カーリングの中部電力と男子カーリングのSC軽井沢クラブが練習拠点として使用。

軽井沢勤労者体育センター(現在は風越公園総合体育館に改名)[編集]

軽井沢勤労者体育センター

体育館。2014年7月に建て替えられた。

  • 体育室: 820 m2
    • バレーコート2面、バスケットボールコート1面、バドミントン4面、卓球台4台、ランニングコース120 mの設定が可能

風越公園屋外テニスコート[編集]

  • 砂入人工芝コート14面(うち8面は夜間照明設置)

風越公園グラウンド[編集]

  • 開場時期: 4月下旬から11月中旬
  • 野球・ソフトボール2面もしくは、サッカー1面
  • 野球用バックネット2基(ダッグアウト1対)
  • サッカーゴール1対
  • 夜間照明設備

軽井沢オリンピック記念館[編集]

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの総合馬術会場、1998年(平成10年)の長野オリンピックのカーリング会場として、世界で初めて夏季・冬季の両方のオリンピックの会場となったことを記念して、オリンピックの変遷を映像とパネルで紹介する施設である。2000年(平成12年)に開館。スカップ軽井沢に隣接していた。2013年(平成25年)3月31日閉館。施設は改装され、2014年(平成26年)5月1日、軽井沢町植物園展示館として開館した。

軽井沢町植物園[編集]

スポーツ施設とは別に公園内に所在している(所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1166)。1975年(昭和50年)開園。敷地約20000㎡。入園料100円。軽井沢に自生する植物を中心にした植物園。約145科、1600種類余りの樹木や草花が植栽展示されている。園内には湧水、湿地、傾斜地などがあり、自由に散策・見学できる。管理棟(来園者休憩所)・あづまや・展示館(2014年(平成26年)5月1日開館)を備える。展示・調査・研究の他、軽井沢一帯の植物保全活動も行っている。

周辺情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 風越公園は長野オリンピック後に整備されている。
  2. ^ a b 軽井沢町のあゆみ(軽井沢町)
  3. ^ 改修終え通年営業に 軽井沢の「アイスアリーナ」 信州 Live on 2009年12月8日付
  4. ^ 北海道北見市アドヴィックス常呂カーリングホールが6シート設定可能、北海道名寄市2006年11月11日に開設された道立サンピラーパーク・サンピラー交流館と2012年9月15日に開設されたどうぎんカーリングスタジアムが5シート設定可能である。

座標: 北緯36度19分26秒 東経138度35分55秒 / 北緯36.323847度 東経138.59872度 / 36.323847; 138.59872